おすすめの専門学校はこちら

20代でプロのイラストレーターを目指すための方法

イラストレーター

20代になってから、「やっぱりイラストレーターになりたい」と考えている人は案外多いのではないでしょうか。

10代の頃にはイラスト関連の仕事につくなんて、考えたことがなかったという人もたくさんいることでしょう。

大学へ行ったり就職したりして、価値観が変わってくるタイミングは20代の頃です。

色々な経験を経て、今になってイラストを描くイラストレーターの仕事に携わりたい、そう考える人がいてもおかしくありません。

しかし、20代からイラストレーターを目指したいと思っても、叶わないのでは?と考えてしまう人も多いはずです。

そこで、この記事では20代からイラストレーターを目指すことができるのか?について、お答えします。

イラストレーターの仕事をやりたいけれど、悩んでいるという人にとって、お役に立てたら嬉しいです。

おすすめの専門学校はこちら!
代々木アニメーション
現役プロからの直接指導!
最新の機材や設備で、あなたを全力でサポート!
詳しく見てみる

20代からイラストレーターを目指すことは可能

液タブ

結論から言うと、20代でイラストレーターを目指すことは可能です。

絵を描くことに、年齢は問わないからです。

しかし、悩んでいる人にとって大きく疑問を感じていることがあるならば、それはスキルの面で不足を感じるということではないでしょうか。

イラストレーターの仕事は、独自の個性が光る作風と、クライアントから依頼される希望を叶える画力が必要です。

イラストを描く基礎がしっかりしていなければ、仕事を獲得できません。

しかし、正しい手順を知ってスキルを獲得できれば、20代からでもイラストレーターの夢を叶えることはできます。

そこで、20代からイラストレーターを目指すために必要な工程をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

イラスト経験者と、未経験者では手順が変わるので、それぞれご紹介します。

20代から未経験でイラストレーターを目指す手順

未経験者の場合、何よりも大切なのは、イラストのスキルを磨くことです。

20代の未経験者が、イラストレーターを目指すための手順は下記の通りです。

  1. 毎日絵を描く習慣をつける
  2. 必要な道具をそろえる
  3. 作品を公表する場を作る
  4. イラストの勉強をして、プロとして通用するスキルを身に付ける
  5. ポートフォリオを作成する
  6. 仕事を獲得する
  7. イラスト関連の企業に転職する、もしくはフリーランスになる

ポイント1:絵を描く習慣づけをし、SNSで自分の作品をみてもらおう

まず1番大切なことが、絵を描き続ける習慣をつけることです。

最初は上手く描けないと思っても、数を重ねれば重ねるほど、確実に上達します。

絵を描くことに慣れてきたら、必要な道具を用意して使い方を覚えましょう。

液タブやパソコンを使ったデジタルイラストが主流になっているため、早くから用意して使い方に慣れておくことをおすすめします。

デジタルイラストにも慣れてきたら、XやインスタのようなSNSを利用して、自分の作品を多くの人に見てもらいましょう。

SNSからチャンスが広がることもありますし、自分のモチベーションにもつながりますよ。

ポイント2:プロに指導してもらったり、ポートフォリオを作成

ここまでできたら、次は本格的にプロに必要な技術を詰め込んでいきます。

独学で頑張りたい人は、教材を購入して学習するのもありです。

最短でスキルを会得するなら、イラスト専門学校へ通ってプロの講師から指導を受けることをおすすめします。

上手くできた作品は保存しておき、営業に使うためのポートフォリオにまとめていきます。

ポイント3:少しずつ仕事を受注し、実績を積む

今は、クラウドソーシングでイラストレーターに向けた依頼がたくさんあり、挑戦しやすい環境が整っているので、ポートフォリオができたら実際に仕事を受注してみて下さい。

もし、イラストレーターとして確実な実績を得たいと考えるのであれば、広告代理店や出版社に転職することもおすすめです。

最初はイラストに関係ない雑務をこなしながらになりますが、イラスト業界に関わっているという実績と、実際にイラストを手がけるルールや業務内容を知ることができますよ。

スキルに自信があるなら、最初からフリーランスになるというのも手段の1つ。

しかし、未経験でたくさん依頼を受けることは難しいので、まず副業として個人で依頼を受けて実績を作るのがおすすめです。

安定した収入を得るまでは、働きながら絵の仕事を続けることをおすすめします。

20代から経験者がイラストレーターを目指す手順

次に、イラスト経験がある人の場合の手順をご紹介します。

子どもの頃からイラストを描き続けている人や、イラスト講座を受講したことがあり基礎を知っている人が対象です。

  1. 必要な道具がそろっていない場合は用意する
  2. 作品を公表する場を用意する
  3. ポートフォリオを作成する
  4. SNSやクラウドソーシングで仕事を獲得する
  5. コンテストに応募する
  6. 広告代理店や出版社に営業をかける
  7. イラスト業界の会社に転職する、もしくはフリーランスになる

ポイント1:SNSなどで自分の作品を認知してもらう

基礎が備わっている経験者の場合、イラストレーターになるために必要なのは、自分の作品を認知してもらうことです。

まずはSNSを使い、作品をたくさんの人に向けて発信。

そして、今までに描いたイラストや描き始めたイラストの中で自信作はポートフォリオにまとめ、売り込みの準備をします。

ポートフォリオが用意できたら、挑戦しやすいクラウドソーシングを活用して、仕事の依頼を受けてみましょう。

ポイント2:実績作りや企業へ直接営業をして仕事を受注しよう

また、経験者であれば実績作りに取り組むことで、依頼を受けやすくなります。

そのため、コンテストには積極的に応募して、受賞を狙うのがおすすめです。

仕事を獲得するために、イラスト業界の企業に直接営業をするのも1つの手です。

メールや電話をして、自身の作品を見てもらえれば、チャンスは広がります。

未経験者と同様に、確実にイラスト業界での実績を積むなら、転職するのも悪くない選択です。

いきなりイラストの仕事ばかりはできませんが、20代からの挑戦なので、その後の活躍を待つには時間がありますよね。

イラストに自信がある人は、フリーランスとして活動する方が、早くから有名になれる可能性があります。

イラストレーターに資格は必要?

イラストレーターになるために必須になる資格はありません。

資格の有無は、就職や依頼獲得に影響しないのです。

20代からイラストレーターを目指す場合、使用するソフトの使い方に不安を感じる人もいるはずです。

そのため、自分の実力を計るために資格にトライするというのは、悪くないのではないでしょうか。

おすすめの資格は下記の通りです。

  • Illustratorクリエイター能力認定試験
  • Photoshopクリエイター能力認定試験

「Illustrator」と「Photoshop」はデジタルイラストを制作する時によく使われているため、自分がどれだけ使いこなせているか確認するには最適です。

また、仕事の受注がまだあまりないうちは、スキルを身に付けている証明にはなるので、クライアントに安心感を与えることができますよ。

20代がイラストレーターを目指すために大切な3つのこと

重要

20代になってから初めてイラストレーターを目指すことは、決して不可能ではありません。

しかし、いざ目指そうとすると不安な気持ちになってしまいますよね。

闇雲に頑張るだけでは上達が遅くなり、モチベーションを保てない可能性があります。

そこで、20代からイラストレーターを目指すにあたって、意識しておきたい大切なことをまとめました。

忙しくても毎日イラストを描く

20代なら、初めて就職して仕事を覚えなければいけなかったり、後半になればある程度慣れて大きな仕事を任されたりもするはずです。

学生ならば、卒業に向けて勉強や研究が立て込むこともありますよね。

どれだけ忙しくても、例えば「1日30分」などルールを決めて、イラストを描く時間を確保することが大切です。

毎日描き続けることで、確実に経験値を得ることができますよ。

イラストレーターの仕事を理解する

漠然とイラストレーターの仕事を知るのではなく、働き方や年収、イラストレーターが実際にどうやって仕事をしているか理解することが大切です。

20代は社会人になりたてで、就職している職場で業務や社会のルールを覚えている最中だったり、働いてみたものの思っていたのと違う…と感じていたりする時期でもあるはずです。

そんな状態の中だと、憧れていたイラストレーターの仕事がとてもまぶしいものに感じることもあります。

  • 本当にイラストレーターの仕事がやりたいのか
  • イラストレーターの働き方が自分に合っているか

転職やフリーランスに転身してから後悔しないためにも、改めて考えるきっかけとして、イラストレーターという職種を理解しておくことが大切です。

\声優・イラスト!クリエイターのプロになる/
未経験でも安心サポート!
代々木アニメーション学院を見てみる

今すぐ無料で資料請求!

20歳はリスタートしやすい時期!しっかりと将来のプランを立てよう

20代であれば、全くの異業種からでも新たに転職して、一からスタートしやすい年齢です。

今は全く関係ない仕事に就いていたとしても、イラストに関わる業種へ転職が可能。

イラスト関連企業に転職するのか、フリーを目指して副業から始めるのか、自分なりのプランを立てておくことが大切です。

自分が働きやすい方法を理解し、方向性を定めておくことをおすすめします。

ヒューマンアカデミーのイラストレーター講座で時短でプロを目指そう

総合学園ヒューマンアカデミー

出典:総合学園ヒューマンアカデミーHP

最短でイラスト技術の向上を目指したいと考えるなら、専門学校へ通うことが有力です。

スキルアップを目指すのに特におすすめなのが、総合学園ヒューマンアカデミーのマンガ・ラストカレッジ イラストレーター専攻です。

2021年の段階で、約1,400作品以上のデビューや受賞実績を誇ります。

ヒューマンアカデミーでは、入学から卒業までの間、月100枚イラストを描くという目標を掲げながら技術を勉強。

圧倒的な経験値を積み上げることができるので、卒業までに自分のイラストに自信を持つことができますよ。

マンガ・イラスト合宿というイベントを開催しており、出版社の編集者が160名以上集い、その場で学生の作品を見てくれる機会もあります。

編集者の目にとまれば、デビューを果たすことも可能なので、チャンスを掴む機会が欲しい人にもおすすめですよ。

プロへの道を未経験から!迷ったらこの専門学校をチェック

プロになりたい!仕事ができるようなスキルアップしたい!と思っていてもどうすればいいかと迷っているあなたへ。

専門学校を活用することでプロになるための近道になりますよ。

そこで編集部が選ぶ、未経験からでもプロになれる専門学校を紹介します。

代々木アニメーション学院|40年以上の業界最先端の教育!

  • 現場のプロがカリキュラム監修に関わる
  • 2022年の卒業生が参加した作品数は150以上と多岐にわたる
  • 歴史ある学校ならではの高品質な講義と最新設備でスキルを伸ばせる

代々木アニメーション学院(代アニ)は、声優やアニメ業界の専門家を育成するためのカリキュラムを提供。

「声優・エンターテイナー学部」の学部長にポケットモンスターのサトシ役で有名な松本梨香さんが就任しており、現場で活躍するプロの知識と経験を生徒たちに直接指導します。

代アニでは、全日課程や夜間課程、そして夜間や土日にレッスンできる週1コースも提供されています。

特に、夜間課程の「Wスクール・社会人夜間学部」は、代アニ全日課程と同等のカリキュラムを夜間と土日でみっちり学べるため、忙しい社会人でもプロのスキルを身につけることが可能です。

さらに、代アニではVTuberコースも新設され、VTuberを目指している方にとっても充実したカリキュラムが用意されています。

マンガ・イラストレーターを目指す方には、代アニの「マンガ・イラスト学部」が強力にサポート。

プロの漫画家やイラストレーターによる直接指導が受けられるため、創作スキルを徹底的に磨くことができます。

まずは無料で資料請求!


\声優・イラスト!クリエイターのプロになる/
未経験でも安心サポート!
代々木アニメーション学院を見てみる

今すぐ無料で資料請求!

代々木アニメーション学院で、あなたの夢を叶えましょう!

まとめ

チェック

  • 20代でイラストレーターを目指すことは可能
  • 未経験者はイラストスキルを身に付けるところから、経験者は自分の作品を売り込むところからスタートする
  • イラストレーターの仕事を理解した上で、毎日イラストを描く努力を欠かさないことが大切
  • イラストレーターになるには、イラスト関連の企業に入社する方法と、フリーランスを目指す方法がある
  • 確実なスキルアップや、企業との繋がりを求めるなら、ヒューマンアカデミーに通うこともおすすめ

イラストレーターの仕事はスキルを身に付けることが必須ですが、年齢を問わずに目指せる仕事です。

20代から目指すなら決して遅すぎるということはないので、イラストレーターになりたいという夢を持つなら、ぜひ挑戦してみてください。

最短でプロになる!

2025年4月入学者向け 資料請求受付中!

プロのクリエイターを目指すなら!
業界の最新トレンドを取り入れた最先端の授業
代々木アニメーション学院をチェック
今すぐ無料で資料請求!

コメント

タイトルとURLをコピーしました