おすすめの専門学校はこちら

会社員からイラストレーターになりたい!仕事と両立する方法は?

イラストレーター

会社員になってからイラストレーターを目指したいと考えるようになったものの、なかなか行動できずにいる…という状況を打破したくはありませんか?

仕事をしながらイラストスキルを身に付けるのは、時間的にも体力的にも大変なことですよね。

しかし、会社員からイラストレーターとして成功した人はたくさんいます。

大切なのは、限られた時間の中で、適切な段階を積み上げることです。

そこで、この記事では会社員からイラストレーターを目指すために、仕事との両立の仕方やイラストレーターになるための手順をご紹介します。

イラストレーターとしての、一歩を進めるお手伝いができれば幸いです。

おすすめの専門学校はこちら!
代々木アニメーション
現役プロからの直接指導!
最新の機材や設備で、あなたを全力でサポート!
詳しく見てみる

会社員からイラストレーターになるために必要な手順

会社員からイラストレーターになるために、必要な手順は下記の通りです。

  1. イラストを毎日描く
  2. SNSを利用してイラストを多くの人に公開する
  3. イラストを勉強しながら、ポートフォリオをまとめる
  4. クラウドソーシングを利用して、実際に依頼を受けてみる
  5. イラスト業界へ転職を狙うなら、転職活動を進める

この手順が、イラストレーターを目指すための確実な手段です。

多くの人に自分のイラストを認知してもらうこと、そして実力を示せるポートフォリオを使って、依頼を獲得することがポイント。

それぞれの工程は一見すると簡単に思えますが、仕事をしながらこなすとなると、最初はイラストを毎日描くことすら大変な作業に感じます。

イラストレーターの仕事は、イラストスキルがあるのが前提です。

スキルを身に付けながら、自分を売り込む土台を作り上げる必要があります。

ある程度納得のいくイラストを描けるようになったら、クラウドソーシングを利用して、実際に仕事を受けてみましょう。

最初は、大きな依頼を受けることが難しいかもしれません。

収入を得るというよりも、まずは実績をつけて、徐々に大きな依頼を目指すという流れがベストです。

フリーのイラストレーターを目指すのなら、引き続きSNSやクラウドソーシングを利用して、仕事を獲得します。

しかし、イラストが関わるデザイン事務所や広告代理店に転職するのであれば、転職活動を行います。

転職活動では、ポートフォリオや今までの依頼実績が有効です。

自分の実力を上手に表現しながら、就職先を獲得します。

20代でプロのイラストレーターを目指すための方法
20代になってからイラストレーターの仕事に就きたいと考えている人は「今から勉強しても遅い?」という不安を持つ人も、たくさんいるのではないでしょうか?20代からイラストレーターを目指すことは可能です。そこで、この記事ではどうすれば叶うのかご紹介します。

イラストレーターとしての働き方

イラストレーターがどんな働き方をしているのか、理解しておくことも大切です。

会社員としての安定した仕事からイラストレーターになったことで、思っていた働き方と違う…と感じてしまうと、せっかく夢を叶えたにも関わらず納得できなくなる可能性もあります。

そこで、イラストレーターとはどんな仕事をして、どのような勤務体制なのかご説明します。

イラストレーターが任される仕事は、下記の通りです。

  • 小説や雑誌の表紙、挿絵のイラスト
  • ゲーム・アプリのキャラクターや背景のイラスト
  • 広告やポスターのイラスト など

商品のイメージを、分かりやすくイラストで伝える仕事が、イラストレーターです。

独自の作風が大切なのは間違いありませんが、クライアントの要望に応えるイラストを描く能力が重要です。

そのため、クライアントとの密なコミュニケーションが大切で、指示があれば修正に対応するなどの柔軟性も必須。

イラストレーターはフリーとして活動している人が多く、仕事量などは自分のペースに合わせられます。

しかし、イラストレーターとして生計を立てるのであれば、たくさんの依頼をこなしたいと考えますよね。

依頼が立て込むと、締め切りに間に合わせるために徹夜した、という話もよく聞きます。

修正があればすぐに対応する必要があり、完全に自分のスケジュールで動く、というのは難しいものです。

一方で、フリーではなくイラストが関わる企業に転職し、キャリアを積んだ上でイラストを手がけるチャンスを待つという人もいます。

フリーと比較すると、収入面や勤務時間は安定しますが、すぐにはイラストに関わる仕事が割り振られない可能性もあります。

締め切りが立て込めば、残業や泊まり込みで仕事をすることもあり、大変な側面もありますよ。

主婦がイラストレーターになるための方法は?必要なスキルまとめ
主婦がイラストレーターになるための方法を徹底解説。必要なスキルや道具、クラウドソーシングの活用方法、効率よく学べる専門学校も紹介します。未経験からでも夢を叶えるためのステップを学びましょう。

イラストレーターの平均年収

2024年6月の段階で、会社に属するイラストレーターの平均年収は362万と言われています。

月給は約30万程度ですが、初任給はもっと低い21万程度(参考元:求人BOX)

求められるスキルや経験によって、給料は変動し、実績を作るほど給料アップが見込める業種です。

イラストレーターとしての実績があり、依頼も舞い込んでくる人であれば、企業に勤めるよりもフリーランスとして活動する方が稼げる可能性もあります。

しかし、初心者や実績がまだない人にとっては、企業に属している方が安定した収入を得られることが多いです。

会社員が仕事と両立してイラストレーターを目指す方法

会社員を続けながらイラストレーターを目指すとなると、どのような手段で勉強するべきか悩みますよね。

学生の頃よりもイラストに専念する時間は限られ、効率よく勉強する必要があります。

そこで、社会人が仕事とイラストレーターの勉強を両立するための方法をご紹介します。

独学でイラストを勉強する

まずは、イラスト関連の教材を購入して、独学で学習する方法です。

独学は、初期費用を抑えて、お手軽に挑戦しやすいという利点があります。

自分のペースで学習できるので、ライフスタイルを崩さずに学べるのはメリットの1つです。

しかし、イラストに使うペンタブレットやソフト、PC環境を整える必要があり、その分の費用はもちろんかかること、最初は機材がそろわず十分に練習できないという点が考えられます。

そして、テキストに書いてあること以上の学習が難しく、自分の不得意な描写やツールの使用方法についての疑問点など、手探りで勉強するため根気強く向き合う姿勢が大切です。

オンライン・通信教育で学べるイラストレーター講座おすすめ5選
オンラインで学べるイラスト講座をご紹介します。初心者からプロを目指す方まで、効果的にスキルアップできるおすすめのコースをまとめました。

専門学校へ通う

会社員がイラストの勉強を両立させるなら、専門学校へ通うのも手段の一つです。

専門学校へ通うとなると「時間の融通が利かないのでは?」と考えてしまいますが、専門学校の中には夜間に通える学校や、週に一度学習するコースが用意されている学校もあります。

仕事が休みの日を利用して、学校でしっかりとした指導を受けられるのは、挫折しにくく両立しやすいというメリットがあります。

一緒に勉強する仲間にも出会え、勉強自体も楽しめる環境に身を置けます。

独学と違い、授業料がかかる点は理解が必要です。

初心者には専門学校へ通うのがおすすめ

イラストを全く描いてきていない初心者であれば、専門学校へ通うことをおすすめします。

初心者の場合、デジタルイラストを手がけるのに最適なツールがわからなかったり、基礎的なデッサン力も身に付いていない可能性が高いです。

専門学校へ通えば、講師から的確なイラスト基礎を指導してもらえて、最新の必要機材もわかります。

会社員からイラストレーターを目指すとなれば、いち早くスキルを身に付けて、活動を開始したいと考える人が多いはずです。

転職を考えているのであれば、なおさら早く活動できるに越したことはありませんよね。

\声優・イラスト!クリエイターのプロになる/
未経験でも安心サポート!
代々木アニメーション学院を見てみる

今すぐ無料で資料請求!

両立しやすい!代々木アニメーション学院 週一コース

出典:代々木アニメーション学院公式HP 週一コース イラストベーシックコース

会社員で専門学校へ通うことを検討している人には、代々木アニメーション学院週一コースのイラストベーシックコースがおすすめです。

週一コースはその名の通り、週に一度学校へ通い、イラストの勉強をするコース。

6か月の授業(全20回)で人体描写やデジタルイラストの基礎を学習し、デザイン力を身に付けます。

一人一台Wacomの液晶タブレットが使用でき、プロが実際に使っている機材でイラストの学習をするため、実践的な描き方を覚えられます。

本格的な設備で、イラスト業界を目指したい人におすすめのコースですよ。

初心者で、家に機材をそろえている人は、なかなかいないはずです。

代々木アニメーション学院では、最新機材が用意されているため、まずは学校で試してみることが可能。

プロを目指すなら、いずれ家に機材をそろえる必要はありますが、何を持つべきなのか実際に体験して知ることができる点も魅力的ではないでしょうか。

代々木アニメーション学院は、業界とのパイプが太く、イラストに関わる企業の担当者に出会えることも魅力の一つです。

在学中に繋がりを持てれば、後々の仕事依頼の獲得へ繋がる可能性も高くなり、転職にも有利に働きやすいですよ。

代々木アニメーション学院週一コースの概要は、下記の通りです。

コース名 代々木アニメーション学院週一コース イラストベーシックコース
料金
  • 入学金:33,000円
  • 授業料:132,000円
  • 合計:165,000円(税込)
期間 6か月(全20回)
プロ声優を目指すなら!/>
業界の最新トレンドを取り入れた最先端の授業>
代々木アニメーション学院公式サイトで詳細を確認 今すぐ無料で資料請求!

プロへの道を未経験から!迷ったらこの専門学校をチェック

プロになりたい!仕事ができるようなスキルアップしたい!と思っていてもどうすればいいかと迷っているあなたへ。

専門学校を活用することでプロになるための近道になりますよ。

そこで編集部が選ぶ、未経験からでもプロになれる専門学校を紹介します。

代々木アニメーション学院|40年以上の業界最先端の教育!

  • 現場のプロがカリキュラム監修に関わる
  • 2022年の卒業生が参加した作品数は150以上と多岐にわたる
  • 歴史ある学校ならではの高品質な講義と最新設備でスキルを伸ばせる

代々木アニメーション学院(代アニ)は、声優やアニメ業界の専門家を育成するためのカリキュラムを提供。

「声優・エンターテイナー学部」の学部長にポケットモンスターのサトシ役で有名な松本梨香さんが就任しており、現場で活躍するプロの知識と経験を生徒たちに直接指導します。

代アニでは、全日課程や夜間課程、そして夜間や土日にレッスンできる週1コースも提供されています。

特に、夜間課程の「Wスクール・社会人夜間学部」は、代アニ全日課程と同等のカリキュラムを夜間と土日でみっちり学べるため、忙しい社会人でもプロのスキルを身につけることが可能です。

さらに、代アニではVTuberコースも新設され、VTuberを目指している方にとっても充実したカリキュラムが用意されています。

マンガ・イラストレーターを目指す方には、代アニの「マンガ・イラスト学部」が強力にサポート。

プロの漫画家やイラストレーターによる直接指導が受けられるため、創作スキルを徹底的に磨くことができます。

まずは無料で資料請求!


\声優・イラスト!クリエイターのプロになる/
未経験でも安心サポート!
代々木アニメーション学院を見てみる

今すぐ無料で資料請求!

代々木アニメーション学院で、あなたの夢を叶えましょう!

まとめ

  • 会社員からイラストレーターを目指すなら、実力を付けることが最優先で、SNSなどを活用し自分の作品をたくさんの人に見てもらうことが大切
  • イラストレーターの仕事を獲得するためには、ポートフォリオをまとめ、クラウドソーシングなどを利用し、依頼を獲得する必要がある
  • フリーで活動しているイラストレーターが多いが、安定を求めるのならイラスト関連企業に転職するのも手段の一つ
  • 会社員とイラストレーターの勉強を両立するためには、独学か専門学校で学習する方法があり、初心者には専門学校へ通うことがおすすめ
  • 会社員が専門学校を選ぶなら、代々木アニメーション学院の週一コースがおすすめ

この記事では、会社員からイラストレーターになるために、両立する方法をご紹介しました。

会社員から新しいことにチャレンジするのは、不安を感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、仕事と両立しながら、イラストレーターの夢を叶えることは可能です。

イラストを描く仕事をしてみたいと思うのなら、諦めずにぜひチャレンジしてみてください。

主婦がイラストレーターになるための方法は?必要なスキルまとめ
主婦がイラストレーターになるための方法を徹底解説。必要なスキルや道具、クラウドソーシングの活用方法、効率よく学べる専門学校も紹介します。未経験からでも夢を叶えるためのステップを学びましょう。

最短でプロになる!

2025年4月入学者向け 資料請求受付中!

プロのクリエイターを目指すなら!
業界の最新トレンドを取り入れた最先端の授業
代々木アニメーション学院をチェック
今すぐ無料で資料請求!

コメント

タイトルとURLをコピーしました