おすすめの専門学校はこちら

イラストレーターで向いてない人と向いている人の違いとは

イラストレーター

イラストレーターとして働きたいのに、
「自分では努力しているつもりでも、なかなか売れない」
「今の実力では仕事を受注できない」
と自信が持てない方も多いのではないでしょうか。

今やVTuberの活躍やソーシャルゲームの流行、オンラインコミックで手軽に漫画が楽しめる時代です。

そのため、イラストやキャラクターデザインの仕事は欠かせないものですよね。

イラストレーターとして立派に仕事をしている人には、ある共通した特徴があります。

そこで今回は、イラストレーターに向いている人と向いていない人の違いについて解説します。

おすすめの専門学校はこちら!
代々木アニメーション
現役プロからの直接指導!
最新の機材や設備で、あなたを全力でサポート!
詳しく見てみる

イラストレーターに向いていない人

  • イラストは好きだが、描いているジャンルがバラバラ
  • 好きなものしか描けない、または表現できない
  • 継続して絵を描き続けることができず、何年も描くことをやめてしまう
  • 集中して作業するのが苦手ですぐに飽きてしまう
  • コミュニケーションが全く取れず、一匹狼状態

他にも色々挙げられますが、得意な描き方を見つけられないと、あなたの持ち味がいつまでたってもわかりません。

さまざまな角度から物を見て描く力がないのも、プロとしては向いていません。

厳しいことを言えば、ただ好きなものだけを描きたいのであれば、イラストは趣味のままで仕事にしないほうが無難と言えるでしょう。

イラストレーターに向いている人

  • イラストが好き
  • 好きな分野以外の絵も依頼されたら描くことができる
  • どんなことがあっても描き続けられる
  • 誰にも負けない得意分野がある、または磨きをかけている途中である
  • 集中して何時間も作業することができる
  • 必要最低限のコミュニケーションが取れる(クライアントとのやりとりがあるため)
  • 技術的スキルが高い

イラストレーターを目指している方なら、ほぼ全ての方がイラストに興味があり、イラストが好きで描き始めたのではないでしょうか。

「好きこそものの上手なれ」とよく聞きますよね。

イラストレーターに向いている人は、創造力や観察力が十分にあり、手描きやデジタルでも十分な技術スキルを持とうという向上心がある人です。

また、仕事を受注するにあたり、クライアントとのやりとりができるコミュニケーション力が高いことも挙げられます。

\声優・イラスト!クリエイターのプロになる/
未経験でも安心サポート!
代々木アニメーション学院を見てみる

今すぐ無料で資料請求!

決定的な違いは?

イラストレーターに向いている人、いない人の決定的な違いを2つ挙げると以下のとおりです。

  • 創造力と技術のバランス
  • フィードバックを活かす能力

1つずつ見ていきましょう。

創造力と技術のバランス

向いている人は高い創造力を持ちつつ、それを具体化するための技術スキルも兼ね備えています。

新しいアイデアを生み出し、それを魅力的なビジュアルとして表現できる能力があります。

逆に向いていない人は創造力が乏しかったり、アイデアがあってもそれを形にする技術が不足している場合が多いです。

どちらかが欠けていると、魅力的で独自性のある作品を作るのが難しくなります。

フィードバックを活かす能力

向いている人はクライアントや他のクリエイターからのフィードバックを前向きに受け入れ、それを作品の改善に活かすことが可能です。

柔軟性があり、常に学び続ける姿勢を持っています。

逆に向いていない人はフィードバックを受け入れるのが苦手で、自分のスタイルやアイデアに固執しすぎることがあります。

また、批判に対して過度に防御的になり、成長の機会を逃してしまうことも。

この2つの違いが、イラストレーターとして成功するかどうかの重要な要素となります。

プロのイラストレーターを目指すには

すべてのスキルを平均的に習得する必要はありません。

自分がどんなタッチの絵を描きたいのか、どのイラストレーターのような作風を目指すのか、目標を明確にし、その道を突き進んでタッチを磨いてください。

自分の得意な分野や「武器」となるスキルを確立しましょう。

どんな困難にも負けない強固な基盤を築くために、持続的に努力を重ねていきましょう。

 

ただし、一人の力には限界があります。

インターネットの恩恵を受け、効果的にスキルを向上させる方法を学ぶことが重要です。

自分の実力を正確に把握することで、どの情報をどう活用すればよいのかが理解できます。

効率的にスキルを磨きたいのであれば、オンライン学習や専門学校を検討することも一つの方法です。

プロから直接指導を受けることで、目標に向かって作風を磨くことが可能になります。

プロへの道を未経験から!迷ったらこの専門学校をチェック

プロになりたい!仕事ができるようなスキルアップしたい!と思っていてもどうすればいいかと迷っているあなたへ。

専門学校を活用することでプロになるための近道になりますよ。

そこで編集部が選ぶ、未経験からでもプロになれる専門学校を紹介します。

代々木アニメーション学院|40年以上の業界最先端の教育!

  • 現場のプロがカリキュラム監修に関わる
  • 2022年の卒業生が参加した作品数は150以上と多岐にわたる
  • 歴史ある学校ならではの高品質な講義と最新設備でスキルを伸ばせる

代々木アニメーション学院(代アニ)は、声優やアニメ業界の専門家を育成するためのカリキュラムを提供。

「声優・エンターテイナー学部」の学部長にポケットモンスターのサトシ役で有名な松本梨香さんが就任しており、現場で活躍するプロの知識と経験を生徒たちに直接指導します。

代アニでは、全日課程や夜間課程、そして夜間や土日にレッスンできる週1コースも提供されています。

特に、夜間課程の「Wスクール・社会人夜間学部」は、代アニ全日課程と同等のカリキュラムを夜間と土日でみっちり学べるため、忙しい社会人でもプロのスキルを身につけることが可能です。

さらに、代アニではVTuberコースも新設され、VTuberを目指している方にとっても充実したカリキュラムが用意されています。

マンガ・イラストレーターを目指す方には、代アニの「マンガ・イラスト学部」が強力にサポート。

プロの漫画家やイラストレーターによる直接指導が受けられるため、創作スキルを徹底的に磨くことができます。

まずは無料で資料請求!


\声優・イラスト!クリエイターのプロになる/
未経験でも安心サポート!
代々木アニメーション学院を見てみる

今すぐ無料で資料請求!

代々木アニメーション学院で、あなたの夢を叶えましょう!

まとめ

イラストレーターに向いている人と向いていない人の決定的な違いは、以下のとおり。

  • 創造力と技術のバランスがあるか
  • フィードバックを活かす能力があり、常に学ぶ姿勢を持っているか

しかし、どちらもイラストが大好きというのは共通している

絵を描き続けていく姿勢を見直すことで、プロへの道に近づくことができる

現在はスマートフォンやiPad、iPhone、タブレットなどで手軽にデジタルイラストが描ける時代になりました。

中学生や高校生でも大人顔負けの魅力的な絵を描く学生さんもいます。

逆に、大人になってから独学でイラストを始めて1年ほどでプロになった方もいます。

イラストは未知の世界ですが、誰にでもイラストレーターになるチャンスはあります。

イラストレーターとしてまだ未熟だと気づいたなら、さらに高みを目指す可能性は十分にあります。ぜひ、絵を描き続けてくださいね。

最短でプロになる!

2025年4月入学者向け 資料請求受付中!

プロのクリエイターを目指すなら!
業界の最新トレンドを取り入れた最先端の授業
代々木アニメーション学院をチェック
今すぐ無料で資料請求!

コメント

タイトルとURLをコピーしました