おすすめの専門学校はこちら

ゲームプランナーで無能扱いされてしまう人と向いている人の違いを解説

ゲームクリエイター

ゲームが好きな人であれば「ゲームプランナー」という職業を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

ゲームプランナーを目指したいけれど、自分にその適性があるかどうか気になる方は多いです。

そもそもゲームプランナーとはどういった仕事をする職種なのでしょうか。

そこで、この記事では、ゲームプランナーで無能扱いされてしまう人と向いている人の違いを解説します。

ゲームプランナーに向いている人の特徴をご紹介しますので、最後までご覧ください。

おすすめの専門学校はこちら!
ヒューマンアカデミーゲームカレッジ
最短でゲームクリエイター!
夜間・週末もあるので学生や社会人も通いやすい!
詳しく見てみる

そもそもゲームプランナーとは?

ゲームプランナーは、ゲーム開発の中で重要な役割を担っています。

ゲームの企画から完成まで、予定通りにゲーム開発が進んでいるかを管理する仕事です。

企画段階から携わることができるので、「世に出したい」と考えていたゲームを、実際に市場に出すチャンスがあります。

具体的な業務としては、ストーリーやキャラクター設定、レベルデザイン、ゲームの難易度調整などがあります。

プランナーの決定がゲームの面白さや完成度に大きな影響を与えるため、彼らの役割は開発チーム全体で高く評価されています。

無能扱いされてしまうゲームプランナーの特徴5選

ゲームプランナーになるには、無事に納期までにゲームが完成するように、開発プロジェクトを動かす能力が求められます。

一方で、ゲームプランナーとして「無能」扱いされてしまう人の特徴は、以下の通りです。

  1. タスク管理が出来ない
  2. 人見知りをしてしまう
  3. 企画力が無い
  4. スケジュール管理が苦手
  5. ロジカルシンキングが苦手

それぞれ詳しく解説していきます。

タスク管理が出来ない

ゲームプランナーと一言に言っても、仕事の種類は膨大です。

現場によりますが、一般的なゲームプランナーは以下の仕事をこなすことが求められます。

  • 企画の発案、プレゼンテーション
  • 仕様書の作成
  • デザインの考案
  • 開発プロジェクトの指揮
  • 開発の進捗管理
  • 試作品のテストプレイ

上記は、開発から完成までの順を追って記載しましたが、実際はこの工程通りに進みません。

順序が前後したり、最初からやり直したりすることがあります。

そのため、想定通りに物事が進まなくても、自分のタスクを管理する能力が求められます

開発工程の途中で自分のタスクを忘れてしまったり、完成までの道筋を見失ってしまったりすると、仕事がうまく進まなくなります。

人見知りをしてしまう

ゲームとは、基本的に「プロジェクト」という人の集団によって作られるものです。

その集団の中には、プログラマーやデザイナーなど、様々な職務を担う人たちがいます。

ゲームプランナーは、そういった人たちに企画を説明したり、企画に沿った指示を出したりするマネジメント能力が求められます

人と関わる機会が多い仕事だからこそ、人見知りする性格はゲームプランナーとしては致命的です。

企画力が無い

ゲーム業界の市場規模は今後も拡大傾向にあります。

その分、競合となるゲーム会社やゲームタイトルが増えてくることでしょう。

このような状況下で、売れるゲームを作るには、ユーザーの目にとまるような、今までにないゲームを発案する必要があります。

そのためには、時流を先取りすることで、ユーザーに求められているニーズをキャッチし、それをいち早く企画に落とし込む能力が求められます

最新のゲーム事情に疎く、特定のゲームジャンルにしか詳しくないようであれば、売れるタイトルを作ることはできません。

また、ゲームプランナーは、あくまで「ユーザーに遊んでもらえるゲーム」を作ることが目的です。

「自分が楽しいと思うゲームを作りたい」という主観に偏っていては、ゲームプランナーは務まりません。

スケジュール管理が苦手

予算内かつ納期までにゲームを完成させることができるかどうかも、ゲームプランナーの手にかかっています。

企画から完成までのスケジュールを組み、そのスケジュール通りに進んでいるか進捗管理をする能力が求められるからです。

開発ゲームの規模によりますが、短くても半年分のスケジュールを管理する必要があります

その間、ゲームプランナーは、開発プロジェクトのマネジメントや、自身のタスクが予定通りに終わっているかのチェックが欠かせません。

スケジュールに間に合わなかった場合、販売日そのものを変更することもあります。最悪の場合、ゲーム開発を中止することもあり得ます。

ですので、ゲームプランナーは非常に重要な仕事を任せられていると言えます。

ロジカルシンキングが苦手

ここまで説明したすべてのスキルをこなすために、基盤となる能力が「ロジカルシンキング」です。

ロジカルシンキングとは、論理的に物事を考える力のことを言います。

売れるゲームを企画したり、ゲームを作るための計画を組んだりするためには必須となる能力です。

「この企画は売れるぞ」と頭の中で構想できても、それを論理立てて他人に説明することが出来なければ、構想は脳内にとどまったままで商品化することはできません。

\声優・イラスト!クリエイターのプロになる/
未経験でも安心サポート!
代々木アニメーション学院を見てみる

今すぐ無料で資料請求!

ゲームプランナーに向いている人の特徴

これを踏まえると、ゲームプランナーに向いている人は以下のような特徴を持つ人と言えます。

  • スケジュールの進行管理が得意
  • コミュニケーション能力が高い
  • 論理的に物事を考え、それを人に説明できる
  • ジャンルを問わず、ゲームが大好き

ゲーム開発は様々な人材が携わるため、その人たちをまとめ、着実に完成させるようにリーダーシップを発揮できる人物が必要となります。

プロへの道を未経験から!迷ったらこの専門学校をチェック

プロになりたい!仕事ができるようなスキルアップしたい!と思っていてもどうすればいいかと迷っているあなたへ。

専門学校を活用することでプロになるための近道になりますよ。

そこで編集部が選ぶ、未経験からでもプロになれる専門学校を紹介します。

ヒューマンアカデミー【ゲーム企業との連携多数!実績豊富】

  • 300以上のゲーム関連企業との連携!
  • 業界最先端の教育が受けられる
  • 現場で求められる技術を習得可能
  • 現役プロによる授業で未経験からプロへ
  • 2年・3年制の選択が可能
  • 夜間・週一講座も充実カリキュラム

ヒューマンアカデミーは、全国19カ所に校舎があり、通いやすさが魅力。

どの校舎でも質の高い授業が受けられます。

セミナーや企業課題、インターンシップなど、現場経験を積む環境が整っています。

業界評価が高く、求人も豊富。地方でも希望の企業に就職するチャンスが多いです。

未経験からプロへ
夢を叶える最高の環境がここに
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを今すぐチェック! 今すぐ無料で資料請求!

プロゲーマー志望の方はeスポーツカレッジもチェック!

プロゲーマー・プロの実況者を目指すなら
最新設備でスキルアップ
ヒューマンアカデミーe-Sportsカレッジを今すぐチェック! 今すぐ無料で資料請求!

社会人におすすめ夜間、週末講座。

社会人・学生でも通いやすい
選べる3つの学び方:通学+動画、オンラインライブ+動画、通信教育
ヒューマンアカデミー夜間週末講座を今すぐチェック!
今すぐ無料で資料請求!

まとめ

改めて、ゲームプランナーとして「無能」扱いされてしまう人の特徴をまとめます。

  1. タスク管理が出来ない
  2. 人見知りをしてしまう
  3. 企画力が無い
  4. スケジュール管理が苦手
  5. ロジカルシンキングが苦手

ゲームプランナーに向いている人の特徴は以下のとおり。

  • スケジュールの進行管理が得意
  • コミュニケーション能力が高い
  • 論理的に物事を考え、それを人に説明できる
  • ジャンルを問わず、ゲームが大好き

ゲームプランナーは、ゲーム開発の中心人物となり得る人です。

「ゲームが好き」という気持ちではなく、ゲームの開発に向けて人を巻き込みながら着実に物事を前に進められる人材こそが適任と言えるでしょう。

以上が、ゲームプランナーで無能扱いされてしまう人と向いている人の違いでした。

この記事が、ゲーム業界やゲームプランナーに興味がある方の参考となれば幸いです。

最短でプロになる!

 

2025年4月入学者向け 資料請求受付中!

未経験からプロへ
夢を叶える最高の環境がここに
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを今すぐチェック!
今すぐ無料で資料請求!

コメント

タイトルとURLをコピーしました