おすすめの専門学校はこちら

東京電子専門学校の評判と費用 倍率・就職先は?

ゲームクリエイター

専門学校選びに悩んでいるゲームクリエイターを目指している方へ。

東京電子専門学校は、1946年設立の日本で最初の電子系専門学校です。

電波学園が運営するこの学校は、高度な実践教育を通して、電子・情報・医療分野の技術者を育成してきました。

この記事では、東京電子専門学校が提供するカリキュラム、就職先、学費、入試情報について詳しくご紹介します。

進路選びに悩んでいる方、将来のキャリアを真剣に考えている方へ必見の情報が満載です。

おすすめの専門学校はこちら!
ヒューマンアカデミーゲームカレッジ
最短でゲームクリエイター!
夜間・週末もあるので学生や社会人も通いやすい!
詳しく見てみる

東京電子専門学校の基本情報

東京電子専門学校は、確かな技術力と充実した就職支援体制を持つ、歴史ある専門学校です。

文部科学省に職業実践専門課程として2学科が認定されており、優れたカリキュラムと高い育成力があります。

創立 詳細
1946年 学校法人 電波学園
学校所在地 〒170-8418 東京都豊島区東池袋3-6-1
学科 医療専門課程

  • 診療放射線学科
  • 臨床工学科
  • 臨床検査学科

工業専門課程

・情報システム系

  • ウェブ・メディア科
  • 情報処理科
  • 情報処理科3年制
  • 高度情報システム科
  • セキュリティ・ネットワーク科

・電子・電気系

  • 電子技術科
  • 電気工学科

東京電子専門学校の評判・口コミ

東京電子専門学校の評判

良い評判・口コミ

まずは良い口コミから。

  • 「就職実績はよく、先生方のサポートは手厚く感じました。納得いく場所に就職できました。」
  • 「入学後一年以内で、目標とされる基本情報技術者試験を合格することができました。」
  • 「ほとんどの先生が熱心に教えてくれました。」
  • 「卒業までいれば、ほぼ就職は出来ると思います。結局やる気次第。」

引用)https://www.minkou.jp/vcollege/school/review/21804/

東京電子専門学校は、担任制を設けているため、一人ひとりに対して徹底した指導が行えるのが特徴です。

また、担任と就職サポート機関との連携も密接であり、学生の就職活動をしっかりとサポートしていますね。

悪い評判・口コミ

では、悪い口コミはどうでしょうか。

  • 「決して満足いく場所では有りませんでしたが、やる気さえあればそれなりの知識をつけることができはします。」
  • 「池袋駅からは近いとは言い難いです。遠すぎるわけではありません。」
  • 「情報処理科の肝心な部分である、パソコンのスペックが微妙に感じました。」
  • 「少し高い印象だけど都会だし、設備も充実はしてた。」

引用)https://www.minkou.jp/vcollege/school/review/21804/

設備の充実度や立地、学費の高さに対する不満が多い印象です。

学校のパソコンのスペックに不満を感じる場合、自分のノートパソコンを持参することで対応できます。

学費の高さについては、奨学金や学費分割払い制度を利用することで負担を軽減できます。

立地に関しては、交通手段を工夫することで通学のストレスを軽減することが可能です。

評判・口コミ総評

東京電子専門学校は質の高い教育と手厚いサポートを提供している一方で、設備や立地、学費に関する課題も存在します。

しかし、これらの課題は個々の工夫やサポート制度を活用することで十分に対処可能です。

本気でゲームクリエイターを目指す学生にとって、東京電子専門学校は確かな技術力を身につけ、就職活動を成功させるための優れた環境を提供していると言えるでしょう。

\声優・イラスト!クリエイターのプロになる/
未経験でも安心サポート!
代々木アニメーション学院を見てみる

今すぐ無料で資料請求!

東京電子専門学校のカリキュラムの特徴

東京電子専門学校のカリキュラム

東京電子専門学校はどのような学科があるのでしょうか。

ここでは工業専門課程の情報システム学科とカリキュラムを中心にご紹介します。

高度情報システム科

高度情報システム科は、リーダーシップを発揮する総合的なITエンジニアを育成することを目標としています。

以下のようなカリキュラムが用意されています。

  • プロジェクトマネジメント
  • Python、ディープラーニング、ニューラルネットワーク
  • IoT/ネットワーク構築
  • システム設計・開発の基礎
  • ハイレベルな国家資格取得を目指せる応用情報技術
  • 将来性の高い分野を先取りしたAI関連知識

情報処理科 3年制

情報処理科3年制は、高度情報化社会に対応する実践的なIT技術者を育成することを目指しています。

以下のようなカリキュラムが特徴です。

  • システム設計・開発(C言語、Java、Linux)
  • ネットワーク/セキュリティ
  • 最新技術を用いたスマートフォンアプリ制作
  • 基本情報技術者試験
  • IT企業との連携
  • 職業実践専門課程

情報処理科

情報処理科は、システム開発コースとシステム運用コースの2つのコースに分かれています。

それぞれのコースで実践的なスキルを身につけることができます。

システム開発コース

  • プログラマー、システムエンジニアを目指す
  • 基礎から応用まで実践的な技術修得
  • Java、C言語をマスター
  • データ管理の基礎

システム運用コース

  • ネットワーク管理、ITインフラ整備を担う
  • ビジネスソフト(Excel、Wordなど、実務で役立つ知識)
  • 安全なシステム構築
  • 最新技術を用いたスマートフォンアプリ開発

その他の学科

東京電子専門学校には他にも多くの学科があります。

診療放射線学科や臨床工学科、ウェブ・メディア科、電子技術科など、多岐にわたる分野で学生を育成しています。

東京電子専門学校の偏差値と入試情報

東京電子専門学校の入試情報

東京電子専門学校へ興味を持たれている方へ、入試情報についてまとめました。

偏差値はある?

特定の技術や知識、やる気や適性を重視して学生を選抜するため、偏差値は設定されていません。

入試では書類選考や面接、筆記試験などが行われ、総合的な評価をもとに合否が決定されます。

どんな入試方法なの?

東京電子専門学校の入試方法は以下の3つです。

  1. 一般入学…書類選考のみ、または筆記試験&面接
  2. 推薦入学…出身高等学校から推薦された方のみ。書類選考のみ、または筆記試験&面接
  3. AO入学…エントリーシート、面接。学科によって小論文あり

それぞれ選考料は有料です。

東京電子専門学校で落ちることはある?

東京電子専門学校の入試で落ちることはほとんどありません。

東京電子専門学校は比較的入学しやすい学校です。

AO入試も含めて、実質的に選考が厳しいわけではありません。

ただし、入学が決まった後の準備が非常に重要です。

「合格したから安心」と遊んでばかりいるのではなく、早い段階から専門的な学習を始めることが求められます。

専門学校生は、就職活動において大学生よりも不利になることが少なくありません。

多くの大手企業は大卒以上を採用条件としているため、専門学校生には大学生に負けないスキルや知識が必要です。

今のうちから、プログラミングや英語の勉強を始めることをお勧めします。

自分のPCを用意して、授業以外でも自主的に学習することが大切です。

このような早期の準備が、専門学校での学びを深め、将来のキャリア形成に大いに役立ちます。

東京電子専門学校の学費と奨学金制度

東京電子専門学校の学費

学費は入学を決定づける重要な因子です。

ここでは東京電子専門学校の学費とサポート制度についてまとめました。

学費

学科 入学金 授業料 施設費 維持費 実技実習費 合計
高度情報システム科 35,000円 210,000円 180,000円 87,000円 140,000円 652,000円
情報処理科3年制 350,000円 210,000円 180,000円 87,000円 140,000円 967,000円
情報処理科 320,000円 210,000円 180,000円 87,000円 140,000円 937,000円

※参考:東京電子専門学校公式サイト

奨学金やサポート制度の詳細

奨学金 金額 資格 返済期間 手続き
電波学園奨学金 無利子 50,000円/月 (高度情報システム科は 50,000円 または 70,000円/月) 成績優秀者 卒業後 5 年 または 7 年以内 (卒業後 6 か月据置) 入学後、学内掲示にて告知
日本学生支援機構奨学金 (給付型) 世帯収入・資産・家族構成・自宅通学/自宅外通学などにより決定 高校成績優秀で経済状況が厳しい者 なし (学業成績基準を満たさない場合は返還) 入学後、校内説明会後、インターネットで申込み
日本学生支援機構奨学金 (貸与型 第1種 無利子) 自宅: 20,000円 ~ 53,000円/月 (4 種から選択) 自宅外: 20,000円 ~ 60,000円/月 (10,000 円単位で選択可) 優秀で経済的に困難な者 卒業後 6 か月据置、14 年以内 入学後、校内説明会後、インターネットで申込み
日本学生支援機構奨学金 (貸与型 第2種 有利子) 20,000円 ~ 120,000円/月 (10,000 円単位で選択可) 学習意欲があり学業を修了できる見込みがある者 卒業後 6 か月据置、20 年以内 入学後、校内説明会後、インターネットで申込み
東京都育英資金 53,000 円/月 都内に住居し学習意欲があり経済的に困難な者、連帯保証人 2 名 卒業後 6 か月据置、14 年以内 学校を通じて実施
オリコ学資サポートプラン 5,000,000 円以内 なし 在学期間を含む 10 年以内 出願者が直接オリエントコーポレーションへ
国の教育ローン 1 人につき 3,500,000 円以内 世帯年収 790 万円以内 (事業所得者は 600 万円以内) 在学期間を含む 18 年以内 出願者が直接日本政策金融公庫へ
新聞奨学生 各社によって異なる なし 各社によって異なる 出願者が各新聞社へ直接

※参考:東京電子専門学校公式サイト

東京電子専門学校の就職先

東京電子専門学校の就職先

進学後の導線が明確でないと不安ですよね。

ここでは卒業後の就職先と就職サポートについてまとめました。

具体的な就職先

東京電子専門学校は、ゲームクリエイターを目指す学生にとって理想的な就職先を多数提供しています。

特にソフトウェア開発関係の企業に多くの卒業生が就職しています。

以下は主な就職先の一部です。

  • (株)アプリケーションプロダクト
  • (株)キノトロープ
  • (株)ケイテック
  • (株)ツリーベル
  • (株)エヌ・ティ・ティ エムイー
  • (株)マイクロウェーブ
  • ノックスデータ(株)
  • (株)ミウラ
  • トレンドマイクロ(株)
  • DHLサプライチェーン(株)
  • (株)エイエイエス
  • (株)ピーシーデポコーポレーション

就職サポートの概要

東京電子専門学校は、学生の就職活動を多角的に支援しています。

就職サポートは以下の通りです。

  • 個別就職支援:専任教職員、就職指導部、外部キャリアカウンセラーによる3者連携で、学生一人ひとりの個性と強みを活かしたきめ細やかなサポート体制を提供
  • 就職体験発表会:内定者や卒業生による体験発表会や懇談会を通して、リアルな就職活動の経験や企業情報を共有し、先輩たちの成功事例から学びを得る。
  • 個別キャリアカウンセリング:外部キャリアカウンセラーによる個別指導で、履歴書作成、面接対策など、就職活動全般の不安の解消。
  • 学内会社説明会:78年の歴史で培われた企業との信頼関係を活かし、学内での会社説明会を開催。
  • 充実した就職サポート資料:自宅のパソコンからもアクセスして各種資料や設備を自由に閲覧・使用可能。

これらのプログラムを通じて、東京電子専門学校は学生一人ひとりの就職活動を全面的にサポートしています。

プロへの道を未経験から!迷ったらこの専門学校をチェック

プロになりたい!仕事ができるようなスキルアップしたい!と思っていてもどうすればいいかと迷っているあなたへ。

専門学校を活用することでプロになるための近道になりますよ。

そこで編集部が選ぶ、未経験からでもプロになれる専門学校を紹介します。

ヒューマンアカデミー【ゲーム企業との連携多数!実績豊富】

  • 300以上のゲーム関連企業との連携!
  • 業界最先端の教育が受けられる
  • 現場で求められる技術を習得可能
  • 現役プロによる授業で未経験からプロへ
  • 2年・3年制の選択が可能
  • 夜間・週一講座も充実カリキュラム

ヒューマンアカデミーは、全国19カ所に校舎があり、通いやすさが魅力。

どの校舎でも質の高い授業が受けられます。

セミナーや企業課題、インターンシップなど、現場経験を積む環境が整っています。

業界評価が高く、求人も豊富。地方でも希望の企業に就職するチャンスが多いです。

未経験からプロへ
夢を叶える最高の環境がここに
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを今すぐチェック! 今すぐ無料で資料請求!

プロゲーマー志望の方はeスポーツカレッジもチェック!

プロゲーマー・プロの実況者を目指すなら
最新設備でスキルアップ
ヒューマンアカデミーe-Sportsカレッジを今すぐチェック! 今すぐ無料で資料請求!

社会人におすすめ夜間、週末講座。

社会人・学生でも通いやすい
選べる3つの学び方:通学+動画、オンラインライブ+動画、通信教育
ヒューマンアカデミー夜間週末講座を今すぐチェック!
今すぐ無料で資料請求!

まとめ

まとめ

東京電子専門学校は、1946年設立の歴史ある専門学校です。

高度情報システム科や情報処理科など実践的なITカリキュラムを提供し、手厚い就職支援プログラムで高い就職実績を誇ります。

充実した奨学金制度や特待生制度で学費の負担を軽減し、多くの卒業生がソフトウェア開発企業で活躍しています。

東京電子専門学校に興味を持たれた方は、ぜひ資料請求をしてみましょう。

最短でプロになる!

 

2025年4月入学者向け 資料請求受付中!

未経験からプロへ
夢を叶える最高の環境がここに
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを今すぐチェック!
今すぐ無料で資料請求!

コメント

タイトルとURLをコピーしました