おすすめの専門学校はこちら

一般人が漫画家になるには?そのステップと方法

漫画

日本の漫画は世界中で大人気で、有名な作品が多数あります。

国内でも大変人気があり、日本の文化と言えるでしょう。

漫画を読むだけでなく、自分で描くことが好きな方もいらっしゃいますよね。

漫画家になりたいけれど、どのようにすればいいのか分からない方も多いでしょう。

実は、一般人でも漫画家になることは十分可能です。

キャラクターの描き方やストーリーの作り方。
プロの漫画家になるために求められるものは、どんな技術なのでしょうか。

そして、プロデビューの機会はどのように掴むのか、気になる所ですね。

本記事では、一般人が漫画家になるための具体的なステップと方法を詳しく紹介します。

ぜひ最後までご覧ください。

おすすめの専門学校はこちら!
代々木アニメーション
現役プロからの直接指導!
最新の機材や設備で、あなたを全力でサポート!
詳しく見てみる

漫画家になるための基本ステップ

プロの漫画家になるためには、まずは何から始めて、何が必要なのでしょうか。

漫画を描き始める

漫画家を目指す第一歩として、まずは自分で漫画を描き始めることの重要性についてお話します。

プロの漫画家になるためには、自分の作品が必要です。
あなたがどんな漫画家になりたいのか、自分の考えを整理するためにも、たくさん描きましょう。

実際に漫画を描くことで、漫画には何が必要なのか理解することに繋がります。

漫画を描くには、以下の基本の流れで作成するのがオススメ。

描きたい漫画のテーマを決めましょう

どんな漫画にするのか、テーマ設定から決めましょう。

  • 冒険
  • スポーツ
  • 恋愛

例えば野球漫画であれば、「高校野球部の主人公が、甲子園を目指す話」など、具体的に設定していきましょう。

プロット作成し、テーマに沿った漫画を考えよう

ストーリーを更に細分化し、「ある出来事」があり、だから「こうなった」の様に、要約したものがプロットです。

漫画の解説書の様な存在で、テーマがブレてしまわないためにも重要です。

キャラクターについて考えよう

魅力的な登場人物は、漫画の人気につながります。
キャラクターの性格、セリフ、背景など、細かな設定が必要です。

ストーリーの設計図を作ろう

テーマとプロットを用意して、設計図を清書しましょう。
それがストーリーとなり、漫画の筋と言えます。

大人気の漫画には、続きが早く読みたくなる様な、人を惹きつけるストーリーがあります。

ネームを実際に描いていこう

ストーリーが固まったら実際に描いていきましょう。
ここでは清書ではなく、コマ割りや構成を意識して、ラフに描いていきます。

それが、ネームと呼ばれています。

魅力的なストーリーが読者に伝わるように、「読みやすさ」を意識して描くことが大切です。

漫画を1から作り上げるには、基本となる流れが重要です。

ネームを元に下書きをしよう

ネームが完成したら、本格的に漫画を作成していきましょう。

ストーリーを描きながら、キャラクターの表情や場の雰囲気などに色を加えていきます。

多少のコマの調整はありますが、ストーリーが大幅にずれることがないように注意しながら作成していきましょう。

ペン入れ・トーン貼りをしよう

下書きが終わったら、清書し、漫画を完成させていきましょう。

べた塗り、トーン貼り、セリフ入れなど、やる作業はたくさんあります。

漫画を描き慣れないうちは、少数ページの漫画から描いていくことをおすすめしますよ。

ストーリーテリングの学び

魅力的なストーリーを作るための基本的なテクニックや、物語の構成方法について紹介します。

魅力的なストーリーを作るには、読者が共感するテーマが必要です。
共感を得るには、感情移入しやすいテーマが重要です。
主人公が成功や失敗することで、読者自身が気持ちを重ね、漫画に引き込まれていきます。

構成は、起承転結が重要です。

ストーリーテリングという方法がありますが、これは作品(物語や経験談など)が持っているテーマや主張、メッセージを相手に伝え、印象付ける手法です。

これは漫画でも使える手法です。

絵の基礎を磨く

デッサンやキャラクターデザインなど、絵の基礎技術を磨くための具体的な方法を解説します。

イラストを独学で勉強するには、どんな方法があるでしょうか。

本:資料を使って模写を繰り返し練習

デッサンやクロッキーの描き方や、ポーズ集、コミックイラストのための本を使って、模写を繰り返します。

繰り返し描くことで、イラストを描くことを体で覚えます。

動画:漫画を描くためのノウハウを学ぼう

漫画を描く方法には、紙に描くアナログの方法とPhotoshopやClip Studioなどの描画ツールを使うデジタルの方法があります。

近年ではデジタルでの投稿も可能です。

ソフトの操作や絵の勉強をするための一つの方法としてYouTubeがあります。

YouTubeなどの動画サイトには、イラスト講座など参考になる動画があります。
あなたのイラストを添削してくれるサービスもあり、画力アップにつながります。

漫画家としてデビューするためのステップ

あなたがどれだけ素晴らしい漫画を描いても、読者がいて、漫画雑誌編集部の目に留まらないことには、デビューのきっかけは掴めません。

プロの漫画家になり、デビューするためにはどうな方法があるでしょうか。

作品の完成と投稿

完成した作品を出版社やコンテストに投稿するためのプロセスについて詳しく説明します。

新人賞に応募する

ネット検索や雑誌内で、様々な出版社が主催している漫画賞、新人賞やコンテストの情報が見つかります。

作品を原稿用紙かデータで応募が可能で、郵送で受け付けています。

ジャンルや応募資格、締め切りなどを確認して、積極的に応募しましょう。

また、「少年ジャンプ」の集英社では、漫画をデータで送信する「Web持ち込み」を常時受け付けています。

プロデビューのための情報を、敏感に察知することが必要です。

持ち込みと編集者との出会い

編集者に作品を持ち込む際の注意点や、編集者との出会い方について解説します。

漫画編集部では、持ち込みを受け付けている編集部が多いですが、いきなり伺うのではなく、アポイントメントをとりましょう。

直接持ち込むメリットとして、担当編集者と会うことができて、その場で作品のフィードバックがもらえる可能性があります。

プロになるためには、出会いやタイミング、運も必要です。
積極的に動いて、プロデビューのきっかけを掴みましょう。

連載を目指すための方法

連載を目指すための具体的な戦略や、連載を勝ち取るためのポイントを紹介します。

  • 作品を持ち込む(応募する)
  • フィードバックをもらう
  • 次の作品に生かす
  • 作品のクオリティが上がる
  • 再度持ち込む(応募する)

この流れが、シンプルですがプロ漫画家になる道と言えるでしょう。

まず、漫画雑誌で連載するには、あなたの作品を連載するクオリティにする必要があります。
そのためには、編集者からのフィードバックを、作品に生かすことが重要です。

プロの編集者があなたの作品を見た感想こそが、連載する作品に近づける最大のヒントです。

そのためには、作品を持ち込み、編集部担当者と出会うことが必要になります。

プロの漫画家になって連載デビューしたいと考えている方はたくさんいます。
その中から連載を勝ち取るためには、「読者や編集部が何を求めているか」を理解して、作品として描くことが必要です。

有名なプロ漫画家にも担当者がいて、ストーリーやテーマは一緒に作り上げていきます。

自分の作品にこだわることはもちろん必要ですが、求められていることを描く柔軟な発想も、連載を勝ち取るためには必要です。

編集部担当者からのフィードバックを、次の作品に生かす素直な気持ちを持ちましょう。

\声優・イラスト!クリエイターのプロになる/
未経験でも安心サポート!
代々木アニメーション学院を見てみる

今すぐ無料で資料請求!

ヒューマンアカデミーでプロ漫画家を目指す

プロになるためには、あなたが描いたイラストを客観的に見て、批評してくれる存在も必要になるでしょう。

プロの漫画家になるために、専門校に通うことも1つの手段となります。

ここで、プロの漫画家になるために必要なことが学べる「ヒューマンアカデミー・マンガ専攻」をご紹介します。

ヒューマンアカデミーのマンガ専攻の魅力

マンガの専門校では、一体どんなことが学べるのでしょうか。

プロの漫画家になるために作られたカリキュラムで学べる

  • デッサン
  • 背景・空間認識
  • キャラクターデザイン
  • デジタルマンガ
  • ネーム&作品制作
  • シナリオ&発想学

など、プロになるために作られたカリキュラムで、漫画を描く基礎から学べます。

マンガ・イラスト合宿でチャンスを掴む

マンガ・イラスト合宿とは、ヒューマンアカデミーの学生だけが参加できる、合同持ち込み会です。このイベントでは出版社の編集者が学生の作品を直接見ていただけます。

学生にとってはたった1日で160人以上の編集者に作品を持ち込むチャンスが得られます。

授業だけでなく、業界との繋がりも築けるところが、ヒューマンアカデミー・マンガ専攻の強みです。

情熱あるプロ講師から学べる

漫画家を目指す道標となる、師匠(プロ講師)にヒューマンアカデミーで出会うことで、デビューのきっかけが掴めます。

あなたの個性や弱点、強み、性格に合わせた個別指導が、ヒューマンの魅力です。

成長できるポイントが揃っています。

ヒューマンアカデミー・マンガ専攻には、独学では得ることのできない、授業と出会いがあります。
あなたが本気で漫画家デビューを考えているのなら、最適な学校ではないでしょうか。

プロへの道を未経験から!迷ったらこの専門学校をチェック

プロになりたい!仕事ができるようなスキルアップしたい!と思っていてもどうすればいいかと迷っているあなたへ。

専門学校を活用することでプロになるための近道になりますよ。

そこで編集部が選ぶ、未経験からでもプロになれる専門学校を紹介します。

代々木アニメーション学院|40年以上の業界最先端の教育!

  • 現場のプロがカリキュラム監修に関わる
  • 2022年の卒業生が参加した作品数は150以上と多岐にわたる
  • 歴史ある学校ならではの高品質な講義と最新設備でスキルを伸ばせる

代々木アニメーション学院(代アニ)は、声優やアニメ業界の専門家を育成するためのカリキュラムを提供。

「声優・エンターテイナー学部」の学部長にポケットモンスターのサトシ役で有名な松本梨香さんが就任しており、現場で活躍するプロの知識と経験を生徒たちに直接指導します。

代アニでは、全日課程や夜間課程、そして夜間や土日にレッスンできる週1コースも提供されています。

特に、夜間課程の「Wスクール・社会人夜間学部」は、代アニ全日課程と同等のカリキュラムを夜間と土日でみっちり学べるため、忙しい社会人でもプロのスキルを身につけることが可能です。

さらに、代アニではVTuberコースも新設され、VTuberを目指している方にとっても充実したカリキュラムが用意されています。

マンガ・イラストレーターを目指す方には、代アニの「マンガ・イラスト学部」が強力にサポート。

プロの漫画家やイラストレーターによる直接指導が受けられるため、創作スキルを徹底的に磨くことができます。

まずは無料で資料請求!


\声優・イラスト!クリエイターのプロになる/
未経験でも安心サポート!
代々木アニメーション学院を見てみる

今すぐ無料で資料請求!

代々木アニメーション学院で、あなたの夢を叶えましょう!

まとめ

    • 漫画家になるための基本ステップは、まず「漫画を描き始める」こと
    • 漫画を描くには、テーマ、プロット、キャラクター、ストーリー、ネームが必要
    • 魅力的なストーリーには、読者が共感するテーマが必要
    • 共感を得るには、感情移入しやすいテーマが重要
    • 漫画の構成には、起承転結が重要
    • 本や動画を使って、独学でも絵の基礎を磨くことができる
    • 漫画家デビューするために、新人賞などに応募することが大切
    • 編集部へ持ち込み、担当者と出会うことも大切
    • 連載デビューするために、担当者からのフィードバックを作品に生かす
    • プロの漫画家になるために、専門校に通うことも1つの手段となる

プロの漫画家になるために、しっかりと計画を立て、道筋を考えることが大切です。

漫画雑誌、編集者との出会いも重要なポイント。

そのために、漫画専門校に通うことも1つの方法です。

たくさん漫画やイラストを描いて、あなたにしか描けない作品を作り上げましょう。

 

最短でプロになる!

2025年4月入学者向け 資料請求受付中!

プロのクリエイターを目指すなら!
業界の最新トレンドを取り入れた最先端の授業
代々木アニメーション学院をチェック
今すぐ無料で資料請求!

コメント

タイトルとURLをコピーしました