おすすめの専門学校はこちら

個人でゲームを作る!制作・開発の流れをご紹介

ゲームクリエイター

ゲームが好きな方なら、「こんなゲーム作ってみたい」と考えたことがありませんか?

しかし、初めてゲーム開発に挑戦する場合、何から始めたらいいのか分からない方もいることでしょう。

そこで、今回の記事では、個人でゲームを作る方向けにゲーム制作・開発の流れをご紹介します。

おすすめの専門学校はこちら!
ヒューマンアカデミーゲームカレッジ
最短でゲームクリエイター!
夜間・週末もあるので学生や社会人も通いやすい!
詳しく見てみる

ゲーム開発の流れをつかもう!

ゲーム制作の流れを把握することは成功の鍵です。

コンセプト策定、デザイン、プログラミング、アート制作、サウンドデザイン、テスト、リリースまでの各フェーズを理解することで、効率的に進行できます。

  1. ゲーム制作の準備
  2. アイデアの発想と企画
  3. ゲームデザインとプロトタイピング
  4. プログラミングと開発
  5. アートとサウンドの制作
  6. テストとデバッグ
  7. リリースとマーケティング

特に個人開発では多くの役割を担うため、全体像の把握が不可欠です。

 

計画的に作業を進めることで、高品質なゲームの完成が可能となります。

次項から詳しく解説します。

 

ゲーム制作の準備

まずは、必要な準備を揃えておきましょう。

開発ツール

開発ツールやソフトウェアのセットアップは不可欠です。

個人でも使える開発ツールとして、RPGツクールや、UnityやUnreal Engineなどが挙げられます。

ゲーム音声・イラスト

グラフィックソフトやサウンド編集ソフトも必要となります。

自分で制作する他、専門家に外注したりフリー素材を使用したりする手もあります。

ゲーム制作スキル

プログラミングを始めとしたゲーム制作に必要なスキルや知識も身につけておく必要があります。

独学で勉強することも可能ですが、専門学校で学んだ方が確実にスキルアップすることができます。

これらの準備が揃ってようやくゲーム制作に着手することができます。

\声優・イラスト!クリエイターのプロになる/
未経験でも安心サポート!
代々木アニメーション学院を見てみる

今すぐ無料で資料請求!

アイデアの発想と企画

ユーザーに遊んでもらうゲームを作るには、ゲームのアイデアを考え、企画を立てることが大切です。

企画を立てるには、ゲームのシナリオやキャラクター、ゲームメカニクスなどの要素を整理することが大切です。

この段階でゲームプレイの流れを具体的に整理し、充実した企画書を制作することで、後の工程がスムーズに進みます。

他のゲームからインスピレーションを受けたり、ご自身の興味や得意分野を活かしたストーリーを制作したりして、他のユーザーが没頭できるような作品作りを目指しましょう。

ゲームデザインとプロトタイピング

ゲームの内容がしっかりと浮かんだら、設計図と簡単な試作品を作ってみましょう。

ゲームの世界では、ゲーム全体の設計図のことを「ゲームデザイン」、試作品のことを「プロトタイピング」と呼んでいます。

ゲームデザインについて

ゲームデザインはユーザーが操作しやすい設計をデザインすることを言います。

具体的には、ゲーム全体の難易度の調整や、ゲームバランスの設定、操作しやすいUIなどが対象です。

ストーリーが面白くても、難易度が適切では無かったり、操作しにくかったりしては、ゲームとして破綻してしまいます。

ですので、ゲームデザインは、ゲームの骨格とも言える重要な要素となります。

この時点で、実際のプレイ映像がイメージできているようにしましょう。

プロトタイピングについて

どれだけ構想を練っても、実物を作ってみない事には分からないことも多いかと思います。

そこで、ゲーム業界では、ゲームのストーリーとゲームデザインがまとまった時点で、簡易的な試作品を作って、実際にプレイしてみます。

プレイすることで改善点が見つかったり、別の案が浮かんだりするかもしれません。

その度に企画書やゲームデザインを考え直すというルーティンを、納得が行くものができるまで繰り返します。

企画からここまでの工程は完成品の基盤となるので、時間をかけてじっくりと取り組むことが大切です。

プログラミングと開発

完成品のイメージがはっきりしたら、いよいよプログラミングの工程に移ります。

ゲーム開発において、主に使用されるプログラミング言語やエンジンは以下のとおりです。

プログラミング言語

C#

ゲームのプログラミングにおいて最も使用されている言語です。

また、スマホ用アプリ開発にも使われる言語なので、スマホゲームを制作したい方にもおすすめです。

C++

ゲームのハード制御までコントロールできる言語です。

具体的には、どの処理でどのくらいのハードの目盛りを消費するのかを設定することができます。

そのため、ゲームプレイ中の処理落ちやフリーズをプログラミング時点で未然に防ぐことが可能です。

ゲームエンジン

Unity

2Dと3Dのゲーム制作を選択してゲーム制作ができるエンジンです。

世界的に使われているゲームエンジンなので、日本語でのチュートリアルやサポートが充実しています。

Unreal Engine

数あるゲームエンジンの中でトップレベルの高画質のグラフィックを生成することが強みです。

他にも種類は様々ですが、各言語・エンジンによって出来ることや操作の何度が異なるため、企画に合ったものを選ぶようにしましょう。

アートとサウンドの制作

ゲームには、魅力的なグラフィックスやサウンドが欠かせません。

もしご自身で制作する場合は、以下のソフトがおすすめです。

グラフィック制作

Adobe Photoshop

Adobe社が提供するデザインソフトの定番です。

ゲーム業界においては、2DCG制作ツールとして使用されているのが一般的です。

キャラクターのビジュアルから、背景、エフェクトデザインまで、このソフトでつくることができます。

Blender

Blenderとは、3Dグラフィックおよびアニメーションの制作に特化したオープンソフトです。

3Dゲームを作りたい方には必要不可欠のソフトウェアです。

サウンド制作

DAWソフトウェア

PC上で作曲や録音、ミックスなどの機能が充実した音楽制作ソフトウェアです。

DAWソフトウェアはシリーズ名であり、実際には多種多様なソフトウェアが展開しています。

求めている曲調にあったDAWソフトウェアを見つけてみてはいかがでしょうか。

ひとりでゲームを作るとなると、グラフィックやサウンドの制作に時間がかかってしまうので、予算やスケジュールに応じて、外注することも検討しましょう。

テストとデバッグ

完成したゲームをユーザーに提供する前に、ゲーム内にバグが残っていないかを確認する必要があります。

実際にゲームを操作してゲーム内に不具合や不備(いわゆる「バグ」)がないかを確認するのが「テスト」、テストによって見つかったバグを修正することを「デバッグ」と呼んでいます。

また、完成品を遊びながら、ゲームバランスや面白さなどの最終確認を行うのもテストのうちです。

質の高いゲームをユーザーに提供するには、テストとデバッグを繰り返し、質の高いゲームへと改良していくことが必要不可欠です。

リリースとマーケティング

ゲームを完成させたら、どのようにユーザーに認知してもらい、売り上げに繋げるかを戦略的に考える必要があります。

まず、ユーザーのターゲット層を決めます。

現代では老若男女問わず誰でも遊べるコンテンツになりました。

その中でも誰をターゲットとするか、性別と年齢層を絞ります。

また、ゲームを販売する方法も考える必要があります。

昔はゲームセンターで実物のソフトウェアを販売することが主流でしたが、現在は自宅にいながらダウンロードしてゲームを購入することも可能です。

ゲームの販売場所が決まったら、ゲームをどう宣伝し存在を認知してもらえるかも考えなければなりません。

SNSやWebサイト、イベントなど、さまざまな手法を活用して、ゲームを広く知ってもらいましょう。

ゲーム制作をしっかり学びたい場合は専門学校を検討!

ここまで解説したとおり、個人でゲーム制作を行うのは非常に大変に感じるかもしれません。

しかし、完成した時の達成感は、あなたに大きな自信をもたらすでしょう。

勉強しながらゲームを作る過程には不安も伴いますが、それが成長の糧となります。

ゲーム制作の方法をしっかり学びたい方には、専門学校の利用をおすすめします。

専門学校では、必要な知識と技術を体系的に学ぶことができるため、制作のプロセスがスムーズに進むでしょう。

数ある専門学校の中でも、初心者の方にはヒューマンアカデミーのゲームカレッジがおすすめです。

まずは資料請求をして、情報を収集してみましょう!

プロへの道を未経験から!迷ったらこの専門学校をチェック

プロになりたい!仕事ができるようなスキルアップしたい!と思っていてもどうすればいいかと迷っているあなたへ。

専門学校を活用することでプロになるための近道になりますよ。

そこで編集部が選ぶ、未経験からでもプロになれる専門学校を紹介します。

ヒューマンアカデミー【ゲーム企業との連携多数!実績豊富】

  • 300以上のゲーム関連企業との連携!
  • 業界最先端の教育が受けられる
  • 現場で求められる技術を習得可能
  • 現役プロによる授業で未経験からプロへ
  • 2年・3年制の選択が可能
  • 夜間・週一講座も充実カリキュラム

ヒューマンアカデミーは、全国19カ所に校舎があり、通いやすさが魅力。

どの校舎でも質の高い授業が受けられます。

セミナーや企業課題、インターンシップなど、現場経験を積む環境が整っています。

業界評価が高く、求人も豊富。地方でも希望の企業に就職するチャンスが多いです。

未経験からプロへ
夢を叶える最高の環境がここに
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを今すぐチェック! 今すぐ無料で資料請求!

プロゲーマー志望の方はeスポーツカレッジもチェック!

プロゲーマー・プロの実況者を目指すなら
最新設備でスキルアップ
ヒューマンアカデミーe-Sportsカレッジを今すぐチェック! 今すぐ無料で資料請求!

社会人におすすめ夜間、週末講座。

社会人・学生でも通いやすい
選べる3つの学び方:通学+動画、オンラインライブ+動画、通信教育
ヒューマンアカデミー夜間週末講座を今すぐチェック!
今すぐ無料で資料請求!

まとめ

ここまでのゲーム制作工程をまとめると、以下のとおりです。

  1. ゲーム制作の準備
  2. アイデアの発想と企画
  3. ゲームデザインとプロトタイピング
  4. プログラミングと開発
  5. アートとサウンドの制作
  6. テストとデバッグ
  7. リリースとマーケティング

このように、ゲーム制作は多くの工程を経て成り立っています。

長い道のりですが、一つ一つ着実に進めることで、確実に構想通りのゲームを作ることができます。

特に、企画・構想段階にあたる1~3までの工程を入念に取り組むことで、精度の高いゲーム開発を進めることができます。

この記事で紹介した工程を参考にしながら、ぜひ自分だけのゲーム制作に取り組んでみてください。

最短でプロになる!

 

2025年4月入学者向け 資料請求受付中!

未経験からプロへ
夢を叶える最高の環境がここに
ヒューマンアカデミーゲームカレッジを今すぐチェック!
今すぐ無料で資料請求!

コメント

タイトルとURLをコピーしました