あにめたす anime+

すべての先行・発売情報を網羅した 日本初のアニメイベント情報ポータルサイト

イベント情報お待ちしてます!

投稿する

チケットを売りたい人はこちら

あにめたすぺしゃる

【夜のミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ SWEET DREAM EXPRESS】
KENNさんにみどころや意気込みなど色々聞いてみた!

夜のミラクル☆トレイン


第1回、第2回と好評をいただいた舞台版「ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~」に夜バージョンが出現!公演間近のKENNさんにいろいろ聞いてきました!

  • チケットのお申込み
  • 公式サイト


舞台版「ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~」とは

貴女も『駅』に恋しませんか?!

あなたは、こんな都市伝説をご存知ですか?



「東京の地下を縦横無尽に走る地下鉄。その中に、美麗な男子ばかりが乗っている電車が存在する。

その名は『ミラクル☆トレイン』。出会えた貴女にはきっと幸せが訪れる」


地下鉄の駅に入っていく1人の女の子がいる。周りはいつもと変わらない風景。

しかし、自動改札を通る瞬間、タッチしたカードが密かに光を放つ。

そんな異変に気付かないまま、ホームへと向かう女の子。ホームにいつものように大江戸線が滑り込んでくる。

ドアが開き、女の子が電車に乗り込むと——車内に異空間が広がり、6人の美麗な男子たちが待ち受けていた。

それは、いつもの電車ではなく、都市伝説で噂となっている奇跡の電車『ミラクル☆トレイン』だったのだ。

そして、6人はなんと『駅』たちだった……!


6人を統括している車掌と、ガイドの女の子は言う。

『ミラクル☆トレイン』は、悩みごとを持つ人の前に現れる。

そして、駅達がその悩みを解消するのだと。


こうして『ミラクル☆トレイン』に乗ってくる人々の悩みを解決していく6人。

様々なトラブルを乗り越えていくことで、彼らの絆も強まってゆく。


さあ、今日はどんな乗客が乗って来るのだろうか…?


KENNさんにみどころや意気込みなど色々聞いてみた!

KENNさん
(C)Miracle Train Project/「ミラクル☆トレイン」製作委員会
(C)舞台版「ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~」製作委員会


 舞台版「ミラクル☆トレイン」3作目の上演おめでとうございます。現在のお気持ちはいかがですか?

今回皆様の応援のおかげで3回目という事で、前回から1年も経っていないのですが、
ずいぶんと久しぶりな感じもあります。
久々に仲間達に会えて、そして自分の役に会えて、うれしいです。

 KENNさんはアニメ・ゲームの声優としても六本木役を担当されていますが、舞台とアニメ・ゲームとの違いはどんなところですか?

1番の違いはご存知の通り、演じている姿も見えるということ。
他には声の出し方でしょうか。舞台等では遠くに声を飛ばさないといけないので。

 今回は「夜」「セクシーな駅メン」がテーマだそうですが、実際演じられてみていかがですか?

今までになかなかやったことのない経験をさせて頂きました。本番が楽しみです!。
普段六本木君はそういう素振りを全く見せないので、凄いかもしれませんよ、夜は。

 初めて脚本を読まれたとき、どのような感想を持ちましたか?

詳しくはお話出来ませんが、そう来たか!と思うのと同時に、ミラ☆トレらしいなとも思いました。

 役者陣の中で、素で一番セクシーな人は誰ですか?

んー。誰ですかね。男から見た男のセクシーさはよくわからないですね。

強いて言うならとくがわかな。彼は普段おとなしい印象があるので、ギャップがあるのかもしれません。

 逆に素だとセクシーには程遠い人もいたり…?

オレ?

 「ミラクル☆トレイン」のココが好き!ベスト5を教えてください。

5位から順に、駅が擬人化、とくがわ、登場人物が個性豊か、物語、ハッピーエンド。

 最近行っておもしろかった、感動した公演やイベントがあったら教えてください。

プラネタリウムを見て、見渡す限りの映像に感動しました。

 最後に、舞台を楽しみにしている皆さんに一言どうぞ!

皆様の応援のおかげでまたミラクル☆トレインに関わる事が出来ました。

今回もミラクル☆トレインらしい時間を一緒に過ごせたら嬉しいです!


夜のミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ SWEET DREAM EXPRESS 公演情報

【開催日程】
12/28(金)~12/30(日)
【会場】
新宿FACE(東京都)
【脚本・演出】
三浦香

【出演】
KENN/渡辺大輔/大山真志/植田圭輔/太田基裕/藤原祐規
【チケット料金】
全席指定:\7,000
立見:\7,000
※ドリンク代別500円

  • チケットのお申込み
  • 公式サイト




コメントを書く




トラックバックURL

ページトップに戻る