あにめたす anime+

すべての先行・発売情報を網羅した 日本初のアニメイベント情報ポータルサイト

イベント情報お待ちしてます!

投稿する

チケットを売りたい人はこちら

あにめたすぺしゃる


すぺしゃる記事一覧

のばらあいこ「秋山くん」ドラマCD第2弾発売、興津和幸や松岡禎丞らが出演

のばらあいこ「秋山くん」のドラマCD「秋山くん second」が、marble recordsよりリリースされる。

「秋山くん」は不良グループに属する秋山くんこと秋山佑二とヘタレ男子・柴大輔の関係を描くBL作品。ドラマCDには、本日2月22日に発売された「秋山くん」3巻の内容が収録され、秋山佑二役を興津和幸、柴大輔役を松岡禎丞、佐野智美役を増田俊樹、星間慈音役を白井悠介が担当する。2019年に発売予定。

なお「秋山くん」3巻には、初回封入特典として描き下ろしペーパーが封入されているほか、アニメイト、コミコミスタジオ、とらのあなでは4ページリーフレット、全国の応援書店では描き下ろしマンガペーパーが用意された。また有償特典として、アニメイトでは描き下ろしミニ色紙、とらのあなでは描き下ろしアクリルキーホルダーが付属する。特典の配布店舗は東京漫画社の特設ページにて確認を。

(c)のばらあいこ/東京漫画社


のばらあいこ「秋山くん」ドラマCD第2弾発売、興津和幸や松岡禎丞らが出演

のばらあいこ「秋山くん」のドラマCD「秋山くん second」が、marble recordsよりリリースされる。

「秋山くん」は不良グループに属する秋山くんこと秋山佑二とヘタレ男子・柴大輔の関係を描くBL作品。ドラマCDには、本日2月22日に発売された「秋山くん」3巻の内容が収録され、秋山佑二役を興津和幸、柴大輔役を松岡禎丞、佐野智美役を増田俊樹、星間慈音役を白井悠介が担当する。2019年に発売予定。

なお「秋山くん」3巻には、初回封入特典として描き下ろしペーパーが封入されているほか、アニメイト、コミコミスタジオ、とらのあなでは4ページリーフレット、全国の応援書店では描き下ろしマンガペーパーが用意された。また有償特典として、アニメイトでは描き下ろしミニ色紙、とらのあなでは描き下ろしアクリルキーホルダーが付属する。特典の配布店舗は東京漫画社の特設ページにて確認を。

(c)のばらあいこ/東京漫画社


キャバクラ経営マンガ「ヒマチの嬢王」×鳥取県米子市のコラボタクシー運行中

茅原クレセ「ヒマチの嬢王」のコラボタクシーが、鳥取県米子市内を運行している。

「ヒマチの嬢王」は歌舞伎町の元No.1キャバ嬢・アヤネが、ヒマチこと鳥取県米子市の歓楽街・朝日町(あさひまち)を活性化させていくキャバクラ経営マンガ。「ヒマチの嬢王」のビジュアルが大きく貼り出されたコラボタクシーは、3月31日までの期間、16時から深夜帯にて運行している。

なお本日2月22日に米子市内で開催された「地ビールフェスタ in 米子」では、会場内で販売された飲料が「ヒマチの嬢王」コラボデザインカップで提供されたほか、イベント会場と米子駅間でコラボタクシーの無料送迎が行われた。


キャバクラ経営マンガ「ヒマチの嬢王」×鳥取県米子市のコラボタクシー運行中

茅原クレセ「ヒマチの嬢王」のコラボタクシーが、鳥取県米子市内を運行している。

「ヒマチの嬢王」は歌舞伎町の元No.1キャバ嬢・アヤネが、ヒマチこと鳥取県米子市の歓楽街・朝日町(あさひまち)を活性化させていくキャバクラ経営マンガ。「ヒマチの嬢王」のビジュアルが大きく貼り出されたコラボタクシーは、3月31日までの期間、16時から深夜帯にて運行している。

なお本日2月22日に米子市内で開催された「地ビールフェスタ in 米子」では、会場内で販売された飲料が「ヒマチの嬢王」コラボデザインカップで提供されたほか、イベント会場と米子駅間でコラボタクシーの無料送迎が行われた。


異世界、そこは未知の食材の宝庫!食べて強くなる「異世界チートサバイバル飯」

赤石赫々原作による山田モジ美「異世界チートサバイバル飯」の単行本1巻が、本日2月22日に発売された。

本作は投稿サイト・小説家になろうで発表されている異世界グルメ物語「異世界チートサバイバル飯~食べて、強くなって、また食べる~」のコミカライズ。食べることとアウトドアを愛する高校生・上総悠が、死んだと思った次の瞬間、異世界の山中で目を覚ましたことから物語は動き出す。川を見つけた悠は、そこで獲れた長く伸びるエビを調理して食べてみる。その結果、自分に「毒を感知する能力」と「食えば食うほど強くなる能力」が備わっていると知り……。ComicWalkerで連載中だ。とらのあな、ゲーマーズ、メロンブックス、WonderGOOでは購入者に特典が用意されている。


異世界、そこは未知の食材の宝庫!食べて強くなる「異世界チートサバイバル飯」

赤石赫々原作による山田モジ美「異世界チートサバイバル飯」の単行本1巻が、本日2月22日に発売された。

本作は投稿サイト・小説家になろうで発表されている異世界グルメ物語「異世界チートサバイバル飯~食べて、強くなって、また食べる~」のコミカライズ。食べることとアウトドアを愛する高校生・上総悠が、死んだと思った次の瞬間、異世界の山中で目を覚ましたことから物語は動き出す。川を見つけた悠は、そこで獲れた長く伸びるエビを調理して食べてみる。その結果、自分に「毒を感知する能力」と「食えば食うほど強くなる能力」が備わっていると知り……。ComicWalkerで連載中だ。とらのあな、ゲーマーズ、メロンブックス、WonderGOOでは購入者に特典が用意されている。


「ご主人様とHなコトしたい奴隷のお話」女奴隷とマンガ家の同居コメディ、単行本に

さまさまの単行本「ご主人様とHなコトしたい奴隷のお話」が、本日2月22日に発売された。さまさまは「ツギハギクエスト」で原作を担当した笠間三四郎の別名義。

「ご主人様とHなコトしたい奴隷のお話」はレオーネと名付けられた女奴隷と、彼女のご主人様であるマンガ家を描く物語。自分が性欲の捌け口にされるものと思い込んでいたレオーネは、“超タイプ”なご主人様に買われたことを喜び、「むしろHなことされたい!!」と考える。だがご主人様が求めてきたのは、ベタ塗りやトーン貼りといったマンガの手伝いだった。レオーネはあの手この手でご主人様を誘惑しようとするが、彼の頭の中はマンガばかりで……。単行本には描き下ろしも収録。ゲーマーズ、COMIC ZIN、とらのあな、メロンブックスでは特典を用意している。


「ご主人様とHなコトしたい奴隷のお話」女奴隷とマンガ家の同居コメディ、単行本に

さまさまの単行本「ご主人様とHなコトしたい奴隷のお話」が、本日2月22日に発売された。さまさまは「ツギハギクエスト」で原作を担当した笠間三四郎の別名義。

「ご主人様とHなコトしたい奴隷のお話」はレオーネと名付けられた女奴隷と、彼女のご主人様であるマンガ家を描く物語。自分が性欲の捌け口にされるものと思い込んでいたレオーネは、“超タイプ”なご主人様に買われたことを喜び、「むしろHなことされたい!!」と考える。だがご主人様が求めてきたのは、ベタ塗りやトーン貼りといったマンガの手伝いだった。レオーネはあの手この手でご主人様を誘惑しようとするが、彼の頭の中はマンガばかりで……。単行本には描き下ろしも収録。ゲーマーズ、COMIC ZIN、とらのあな、メロンブックスでは特典を用意している。


「翔んで埼玉」公開!GACKTは伊勢谷友介と「どうしてもキスしたかった」

魔夜峰央原作による実写映画「翔んで埼玉」の初日舞台挨拶が、本日2月22日に東京・丸の内TOEIで行われた。

「翔んで埼玉」は埼玉が東京から迫害を受けている世界を描いたギャグ作品。舞台挨拶には壇ノ浦百美役の二階堂ふみ、麻実麗役のGACKT、阿久津翔役の伊勢谷友介、埼玉デューク役の京本政樹、監督を務めた武内英樹が紋付袴で登壇。司会は埼玉県入間市出身のフジテレビアナウンサー・宮澤智が担当した。

映画を鑑賞したばかりの観客に向け、武内監督が「来年、埼玉県が(都道府県)魅力度ランキングの20位以内に入ることを願って、愛をこめて作りました。いかがだったでしょうか?」と尋ねると、客席からは大きな拍手が贈られる。二階堂は「原作の世界観がすごく強いものだったので、その強さを失わないように。また性別や年齢を超越したような内容ですので、そこにこだわりすぎず、でもちゃんと男の子として見ていただけるように努力させていただきました」と百美を演じる上で意識した点を語った。

千葉解放戦線のリーダーである阿久津翔を演じた伊勢谷だが、撮影が進むうちに、事前になかったはずのGACKTとのキスシーンが突然加わったという。武内監督が「元々なかったんですが、GACKTさんの提案で」と明かすと、GACKTは「それは言わない約束ですよ」と言いつつも「どうしても伊勢谷くんとチューしたかった」と認める。さらに武内監督は伊勢谷がキスシーン後に「意外と女性と変わらないや」と呟いていたことも暴露し、二階堂も「まさかここまで本格的なものをされているとは思わなかったので、すごい役者魂だなって……」と感心してみせた。

伝説の埼玉県人・埼玉デュークを演じる京本は、映画の中で明かされるある設定に触れ、「原作には名前しか出てこないので、その設定を聞かされたときは『エッ!?』ってなりました」と話す。また監督は合戦のシーンについての裏話を披露。あるセリフについて「伊勢谷さんは真面目な方だから、『こんなセリフ言えない、気持ちが入りづらい』って言ってたんですよ」と明かすと、伊勢谷は「俺そんな役者じゃないですよ! イエスマンですよ!」と否定して会場を笑わせた。

最後に二階堂は「こういう映画を受け止めてくださる本当に寛大な場所なんだなと思って、(埼玉が)より好きになりました」と語り、GACKTは「いじられるということは素晴らしいことだと思いますので、これからも埼玉の皆さんがどんどんいじられて、いじられ甲斐のある埼玉県人でいてほしいなと思います。この映画が埼玉の発展に貢献することを、ほんの少し祈っておきたいと思います」と埼玉の人々にメッセージを送った。

(c)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会


「翔んで埼玉」公開!GACKTは伊勢谷友介と「どうしてもキスしたかった」

魔夜峰央原作による実写映画「翔んで埼玉」の初日舞台挨拶が、本日2月22日に東京・丸の内TOEIで行われた。

「翔んで埼玉」は埼玉が東京から迫害を受けている世界を描いたギャグ作品。舞台挨拶には壇ノ浦百美役の二階堂ふみ、麻実麗役のGACKT、阿久津翔役の伊勢谷友介、埼玉デューク役の京本政樹、監督を務めた武内英樹が紋付袴で登壇。司会は埼玉県入間市出身のフジテレビアナウンサー・宮澤智が担当した。

映画を鑑賞したばかりの観客に向け、武内監督が「来年、埼玉県が(都道府県)魅力度ランキングの20位以内に入ることを願って、愛をこめて作りました。いかがだったでしょうか?」と尋ねると、客席からは大きな拍手が贈られる。二階堂は「原作の世界観がすごく強いものだったので、その強さを失わないように。また性別や年齢を超越したような内容ですので、そこにこだわりすぎず、でもちゃんと男の子として見ていただけるように努力させていただきました」と百美を演じる上で意識した点を語った。

千葉解放戦線のリーダーである阿久津翔を演じた伊勢谷だが、撮影が進むうちに、事前になかったはずのGACKTとのキスシーンが突然加わったという。武内監督が「元々なかったんですが、GACKTさんの提案で」と明かすと、GACKTは「それは言わない約束ですよ」と言いつつも「どうしても伊勢谷くんとチューしたかった」と認める。さらに武内監督は伊勢谷がキスシーン後に「意外と女性と変わらないや」と呟いていたことも暴露し、二階堂も「まさかここまで本格的なものをされているとは思わなかったので、すごい役者魂だなって……」と感心してみせた。

伝説の埼玉県人・埼玉デュークを演じる京本は、映画の中で明かされるある設定に触れ、「原作には名前しか出てこないので、その設定を聞かされたときは『エッ!?』ってなりました」と話す。また監督は合戦のシーンについての裏話を披露。あるセリフについて「伊勢谷さんは真面目な方だから、『こんなセリフ言えない、気持ちが入りづらい』って言ってたんですよ」と明かすと、伊勢谷は「俺そんな役者じゃないですよ! イエスマンですよ!」と否定して会場を笑わせた。

最後に二階堂は「こういう映画を受け止めてくださる本当に寛大な場所なんだなと思って、(埼玉が)より好きになりました」と語り、GACKTは「いじられるということは素晴らしいことだと思いますので、これからも埼玉の皆さんがどんどんいじられて、いじられ甲斐のある埼玉県人でいてほしいなと思います。この映画が埼玉の発展に貢献することを、ほんの少し祈っておきたいと思います」と埼玉の人々にメッセージを送った。

(c)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会


<前へ | 次へ>

ページトップに戻る