あにめたす anime+

すべての先行・発売情報を網羅した 日本初のアニメイベント情報ポータルサイト

イベント情報お待ちしてます!

投稿する

チケットを売りたい人はこちら

あにめたすぺしゃる


すぺしゃる記事一覧

警察に協力すれば減刑、天才犯罪者が重大事件を解決する「懲役マイナス」1巻

熊谷純原作による青木翔吾「懲役マイナス」1巻が、本日12月12日に発売された。

「懲役マイナス」は、アメリカから日本に派遣されて来た“特別捜査官”三上ゼンと、三上とコンビを組むことになった新人刑事・桐山誠一を描くクライムアクション。警視庁の特命捜査一課に配属された正義感の強い桐山は、警視庁の地下監獄で大量の捜査資料を読み漁る三上を紹介される。彼は懲役のマイナスを条件に、服役中の犯罪者が事件解決の捜査協力をする“特別捜査官”で……。本作はコミックDAYSにて連載中。


警察に協力すれば減刑、天才犯罪者が重大事件を解決する「懲役マイナス」1巻

熊谷純原作による青木翔吾「懲役マイナス」1巻が、本日12月12日に発売された。

「懲役マイナス」は、アメリカから日本に派遣されて来た“特別捜査官”三上ゼンと、三上とコンビを組むことになった新人刑事・桐山誠一を描くクライムアクション。警視庁の特命捜査一課に配属された正義感の強い桐山は、警視庁の地下監獄で大量の捜査資料を読み漁る三上を紹介される。彼は懲役のマイナスを条件に、服役中の犯罪者が事件解決の捜査協力をする“特別捜査官”で……。本作はコミックDAYSにて連載中。


東村アキコが共同脚本で参加「田中圭24時間テレビ」ドラマのあらすじマンガを公開

「田中圭24時間テレビ」内で展開されるドラマ「くちびるWANTED」の、東村アキコによるあらすじマンガが、Webマンガサイト・読書のお時間ですbyAmebaに公開された。

田中圭が24時間生出演するAbemaTVの特別番組「田中圭24時間テレビ」は、俳優の田中が本人役として出演し、24時間の生放送の間にさまざまなゲストを迎えて1本のドラマを作り上げていくもの。ドラマ「くちびるWANTED」は、「田中圭とキスした女性には1億円」という情報がネットで拡散されたことから、田中がさまざまな女性に狙われていくという物語で、東村は放送作家の鈴木おさむと共同で脚本を手がけている。

「田中圭24時間テレビ」は、AbemaTVにて12月15日から16日にかけて放送。企画・演出は鈴木、監督は本広克行と上田慎一郎が務める。またゲストには今田耕司、川栄李奈、山田裕貴、吉田鋼太郎、吉田羊、飯尾和樹(ずん)、池田鉄洋、伊藤修子、尾上寛之、小手伸也、篠原篤、野間口徹、橋本マナミ、六角精児、田中直樹(ココリコ)、どんぐり、名取裕子、橋本環奈、眞島秀和、松本まりか、水野美紀、満島真之介が名を連ねた。

田中圭24時間テレビ

配信日時:2018年12月15日(土)、16日(日)
放送チャンネル:AbemaTV

第1弾発表キャスト:今田耕司、川栄李奈、山田裕貴、吉田鋼太郎、吉田羊
第2弾発表キャスト:飯尾和樹(ずん)、池田鉄洋、伊藤修子、尾上寛之、小手伸也、篠原篤、野間口徹、橋本マナミ、六角精児
第3弾発表キャスト:田中直樹(ココリコ)、どんぐり、名取裕子、橋本環奈、眞島秀和、松本まりか、水野美紀、満島真之介


東村アキコが共同脚本で参加「田中圭24時間テレビ」ドラマのあらすじマンガを公開

「田中圭24時間テレビ」内で展開されるドラマ「くちびるWANTED」の、東村アキコによるあらすじマンガが、Webマンガサイト・読書のお時間ですbyAmebaに公開された。

田中圭が24時間生出演するAbemaTVの特別番組「田中圭24時間テレビ」は、俳優の田中が本人役として出演し、24時間の生放送の間にさまざまなゲストを迎えて1本のドラマを作り上げていくもの。ドラマ「くちびるWANTED」は、「田中圭とキスした女性には1億円」という情報がネットで拡散されたことから、田中がさまざまな女性に狙われていくという物語で、東村は放送作家の鈴木おさむと共同で脚本を手がけている。

「田中圭24時間テレビ」は、AbemaTVにて12月15日から16日にかけて放送。企画・演出は鈴木、監督は本広克行と上田慎一郎が務める。またゲストには今田耕司、川栄李奈、山田裕貴、吉田鋼太郎、吉田羊、飯尾和樹(ずん)、池田鉄洋、伊藤修子、尾上寛之、小手伸也、篠原篤、野間口徹、橋本マナミ、六角精児、田中直樹(ココリコ)、どんぐり、名取裕子、橋本環奈、眞島秀和、松本まりか、水野美紀、満島真之介が名を連ねた。

田中圭24時間テレビ

配信日時:2018年12月15日(土)、16日(日)
放送チャンネル:AbemaTV

第1弾発表キャスト:今田耕司、川栄李奈、山田裕貴、吉田鋼太郎、吉田羊
第2弾発表キャスト:飯尾和樹(ずん)、池田鉄洋、伊藤修子、尾上寛之、小手伸也、篠原篤、野間口徹、橋本マナミ、六角精児
第3弾発表キャスト:田中直樹(ココリコ)、どんぐり、名取裕子、橋本環奈、眞島秀和、松本まりか、水野美紀、満島真之介


狩撫麻礼×仲能健児、池袋でフィールドワークする異星人描いた異色SF「ロンリネス」

狩撫麻礼原作による仲能健児「地球探査報告 ロンリネス」上下巻が、本日12月12日に2冊同時発売された。

本作は池袋に住む、地球探査の任務を与えられた異星人を軸に描かれるSFヒューマンドラマ。“お金”と“性に関すること”ばかりが行動原理の地球人を理解できず、異性探査隊員としての自信を失いかけていた異星人は、ある日「地球名・本多」と名乗る男と出会う。異星人は“宇宙の先輩”として街を案内する本多を尊敬していくが……。同作は1997年から1999年にかけて、月刊コミックビーム(KADOKAWA)で連載された。なお初出時は原作者が東京ローカルとクレジットされていたが、本書では著作権継承者の許可を得て狩撫麻礼と表記を改めている。


映画ドラゴンボール超×XLARGE、悟空&ベジータの防寒具イメージしたコート

鳥山明原作によるアニメ映画「ドラゴンボール超 ブロリー」と、XLARGEがコラボしたファッションアイテムが12月14日に発売される。

ラインナップされたのはTシャツ、フードパーカー、パフコートの3アイテム。Tシャツにはブロリー、フードパーカーには人造人間17号および18号のビジュアルがあしらわれた。パフコートは映画内で悟空とベジータが着用している防寒着をモチーフにしたデザインが採用されている。

価格はTシャツが税込5940円、フードパーカーが税込1万4040円、パフコートが税込2万1600円。XLARGE、XLARGE/X-girlの全店舗とオンラインストア・califにて販売される。

(c)バードスタジオ/集英社 (c)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会 (c)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション


映画ドラゴンボール超×XLARGE、悟空&ベジータの防寒具イメージしたコート

鳥山明原作によるアニメ映画「ドラゴンボール超 ブロリー」と、XLARGEがコラボしたファッションアイテムが12月14日に発売される。

ラインナップされたのはTシャツ、フードパーカー、パフコートの3アイテム。Tシャツにはブロリー、フードパーカーには人造人間17号および18号のビジュアルがあしらわれた。パフコートは映画内で悟空とベジータが着用している防寒着をモチーフにしたデザインが採用されている。

価格はTシャツが税込5940円、フードパーカーが税込1万4040円、パフコートが税込2万1600円。XLARGE、XLARGE/X-girlの全店舗とオンラインストア・califにて販売される。

(c)バードスタジオ/集英社 (c)「2018 ドラゴンボール超」製作委員会 (c)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション


鳩山郁子が堀辰雄「羽ばたき」をマンガ化、「トミノの地獄」は4年10カ月の連載に幕

堀辰雄原作による鳩山郁子の新連載「羽ばたき Ein Marchen」が、本日12月12日発売の月刊コミックビーム2019年1月号(KADOKAWA)にてスタートした。

「羽ばたき Ein Marchen」は堀の同名小説のコミカライズ。物語は活動小屋で上映されていた作品「怪盗ジゴマ」が人気となり、子供たちが“ジゴマごっこ”に夢中になっているところから始まる。古い仕置場の跡だという塔のそばで、子供たちはその日もジゴマごっこをして遊んでいた。体の小さな少年・キキは、ジゴマ役の美少年・ジジを捕まえようと、彼を追いかけまわすが……。

そのほか今号では、丸尾末広「トミノの地獄」が最終回を迎えた。同作は2014年2月に同誌でスタートした、見世物小屋へと売り飛ばされた双子の愛憎ロマネスク。最終4巻は2019年2月に発売される。またH.P.ラヴクラフト原作による田辺剛「時を超える影」も完結。こちらの最終2巻は1月12日に発売予定だ。


鳩山郁子が堀辰雄「羽ばたき」をマンガ化、「トミノの地獄」は4年10カ月の連載に幕

堀辰雄原作による鳩山郁子の新連載「羽ばたき Ein Marchen」が、本日12月12日発売の月刊コミックビーム2019年1月号(KADOKAWA)にてスタートした。

「羽ばたき Ein Marchen」は堀の同名小説のコミカライズ。物語は活動小屋で上映されていた作品「怪盗ジゴマ」が人気となり、子供たちが“ジゴマごっこ”に夢中になっているところから始まる。古い仕置場の跡だという塔のそばで、子供たちはその日もジゴマごっこをして遊んでいた。体の小さな少年・キキは、ジゴマ役の美少年・ジジを捕まえようと、彼を追いかけまわすが……。

そのほか今号では、丸尾末広「トミノの地獄」が最終回を迎えた。同作は2014年2月に同誌でスタートした、見世物小屋へと売り飛ばされた双子の愛憎ロマネスク。最終4巻は2019年2月に発売される。またH.P.ラヴクラフト原作による田辺剛「時を超える影」も完結。こちらの最終2巻は1月12日に発売予定だ。


ブックパスで雑誌読み放題サービス開始、フィール・ヤングなどマンガ誌も

電子書籍ストア・ブックパスにて、本日12月12日にマンガ誌やファッション誌、週刊誌など12ジャンル300誌以上が読み放題になる「ブックパス 読み放題プラン マガジンコース」の提供がスタートした。料金は月額税抜380円。

ラインナップしているマンガ誌はグランドジャンプ(集英社)、月刊チャンピオンRED(秋田書店)、ヤングアニマル(白泉社)、フィール・ヤング(祥伝社)、漫画アクション、月刊アクション(双葉社)、月刊コミックバンチ(新潮社)、週刊漫画TIMES(芳文社)、月刊コミックゼノン(徳間書店)など。なおブックパスは、auユーザー以外も利用可能だ。


<前へ | 次へ>

ページトップに戻る