あにめたす anime+

すべての先行・発売情報を網羅した 日本初のアニメイベント情報ポータルサイト

イベント情報お待ちしてます!

投稿する

チケットを売りたい人はこちら

あにめたすぺしゃる


すぺしゃる記事一覧

「Dr.STONE」Boichi自ら描くスピンオフ始動!ジャンプ初の本編&外伝同時連載

稲垣理一郎原作、Boichi作画による「Dr.STONE」の外伝「Dr.STONE reboot:百夜」が、10月28日発売の週刊少年ジャンプ48号(集英社)でスタートすることが明らかになった。Boichi自らがストーリーも構想して執筆する。

「Dr.STONE reboot:百夜」で描かれるのは人類最後の宇宙飛行士であり、宇宙ステーション・ISSで地球の石化現象を目撃した石神百夜の物語。Boichiは「百夜に関する物語を、自分で直接描いてみないかというご提案を伺った時、『凄過ぎる!!!!!』と思いました。自分自身が描くストーリーでジャンプ読者の皆さんにお会いできるなんて!!! そして二つの作品を同時連載!!! これはたとえるなら、人生最高の冒険に出る気持ちです」と意気込んだ。

「Dr.STONE reboot:百夜」には監修などで参加するという稲垣は、「『Dr.STONE』の世界が、SFの達人Boichi先生の手でどのように描かれるのか。宇宙でのドラマを掘り下げる外伝スピンオフ、原作者としても、一読者としても楽しみにしております!」とコメントした。なお週刊少年ジャンプにて本編と外伝の2本同時連載が行われるのは初めてのこと。

Boichiコメント

百夜に関する物語を、自分で直接描いてみないかというご提案を伺った時、「凄過ぎる!!!!!」と思いました。自分自身が描くストーリーでジャンプ読者の皆さんにお会いできるなんて!!! そして二つの作品を同時連載!!! これはたとえるなら、人生最高の冒険に出る気持ちです。これから9週間の物語、冒険を取り扱う冒険、気持ちをたっぷり込めました。どうか楽しんで下さい!!!

稲垣理一郎コメント

本編&外伝同時連載! Boichi先生ブッ倒れちゃわないかしら…! 僕はBoichi先生の無事を祈りつつ、キャラクターのセリフやちょっとしたリアクションだけ監修&調整させていただいてます。『Dr.STONE』の世界が、SFの達人Boichi先生の手でどのように描かれるのか。宇宙でのドラマを掘り下げる外伝スピンオフ、原作者としても、一読者としても楽しみにしております!


「Dr.STONE」Boichi自ら描くスピンオフ始動!ジャンプ初の本編&外伝同時連載

稲垣理一郎原作、Boichi作画による「Dr.STONE」の外伝「Dr.STONE reboot:百夜」が、10月28日発売の週刊少年ジャンプ48号(集英社)でスタートすることが明らかになった。Boichi自らがストーリーも構想して執筆する。

「Dr.STONE reboot:百夜」で描かれるのは人類最後の宇宙飛行士であり、宇宙ステーション・ISSで地球の石化現象を目撃した石神百夜の物語。Boichiは「百夜に関する物語を、自分で直接描いてみないかというご提案を伺った時、『凄過ぎる!!!!!』と思いました。自分自身が描くストーリーでジャンプ読者の皆さんにお会いできるなんて!!! そして二つの作品を同時連載!!! これはたとえるなら、人生最高の冒険に出る気持ちです」と意気込んだ。

「Dr.STONE reboot:百夜」には監修などで参加するという稲垣は、「『Dr.STONE』の世界が、SFの達人Boichi先生の手でどのように描かれるのか。宇宙でのドラマを掘り下げる外伝スピンオフ、原作者としても、一読者としても楽しみにしております!」とコメントした。なお週刊少年ジャンプにて本編と外伝の2本同時連載が行われるのは初めてのこと。

Boichiコメント

百夜に関する物語を、自分で直接描いてみないかというご提案を伺った時、「凄過ぎる!!!!!」と思いました。自分自身が描くストーリーでジャンプ読者の皆さんにお会いできるなんて!!! そして二つの作品を同時連載!!! これはたとえるなら、人生最高の冒険に出る気持ちです。これから9週間の物語、冒険を取り扱う冒険、気持ちをたっぷり込めました。どうか楽しんで下さい!!!

稲垣理一郎コメント

本編&外伝同時連載! Boichi先生ブッ倒れちゃわないかしら…! 僕はBoichi先生の無事を祈りつつ、キャラクターのセリフやちょっとしたリアクションだけ監修&調整させていただいてます。『Dr.STONE』の世界が、SFの達人Boichi先生の手でどのように描かれるのか。宇宙でのドラマを掘り下げる外伝スピンオフ、原作者としても、一読者としても楽しみにしております!


ネコを飼おうとしたはずが…ドタバタ育児コメディ「骸骨、ベビーシッターになる」

MAGOによる新連載「骸骨、ベビーシッターになる」が、本日10月20日にピッコマでスタートした。

物語は魔界に住むスケルトンの大学生・ホネットが、一人暮らしを機に人間界の動物・ネコを飼おうとしたことから動き出す。だがホネットが利用した業者から“ネコ”として届いたのは、魔界に住む魔物たちにとっては未知の生き物である“人間”の赤ちゃんで……。同作は今後、毎週日曜に更新されていく。

(c)MAGO / GOBOOKY BOOKS


ネコを飼おうとしたはずが…ドタバタ育児コメディ「骸骨、ベビーシッターになる」

MAGOによる新連載「骸骨、ベビーシッターになる」が、本日10月20日にピッコマでスタートした。

物語は魔界に住むスケルトンの大学生・ホネットが、一人暮らしを機に人間界の動物・ネコを飼おうとしたことから動き出す。だがホネットが利用した業者から“ネコ”として届いたのは、魔界に住む魔物たちにとっては未知の生き物である“人間”の赤ちゃんで……。同作は今後、毎週日曜に更新されていく。

(c)MAGO / GOBOOKY BOOKS


「異世界全裸」聖少女・雁木マリが主役のスピンオフが開幕、作画はへるにゃー

へるにゃーの新連載「異世界に転生したら聖少女にされた」が、本日10月20日にマッグガーデンのWebマンガサイト・MAGCOMIでスタートした。

本作は狐谷まどかによる小説「異世界に転生したら全裸にされた」のスピンオフマンガ。異世界に転生した女子高生・雁木マリは、ポーションの効力を絶大に引き上げる力を持っていたことから、人々に聖少女として崇められることに。そんなマリが、疲労回復効果のあるポーションを「あたしが使ったらどんな効果があるのかしら…?」と自分に使ってみたところ……。次回は12月20日に更新予定。


「異世界全裸」聖少女・雁木マリが主役のスピンオフが開幕、作画はへるにゃー

へるにゃーの新連載「異世界に転生したら聖少女にされた」が、本日10月20日にマッグガーデンのWebマンガサイト・MAGCOMIでスタートした。

本作は狐谷まどかによる小説「異世界に転生したら全裸にされた」のスピンオフマンガ。異世界に転生した女子高生・雁木マリは、ポーションの効力を絶大に引き上げる力を持っていたことから、人々に聖少女として崇められることに。そんなマリが、疲労回復効果のあるポーションを「あたしが使ったらどんな効果があるのかしら…?」と自分に使ってみたところ……。次回は12月20日に更新予定。


山にまつわる怪異を集めた田中康弘「山怪」を、墨絵師・五十嵐晃がマンガ化

墨絵師・五十嵐晃によるマンガ「山怪」1巻が発売された。

本作は田中康弘の怪異集「山怪 山人が語る不思議な話」をコミカライズしたもの。山にまつわる怪異の数々を、本格的なマンガには本作で初挑戦だという五十嵐が、独自のタッチで描いていく。1巻には「阿仁マタギの山」という副題が付けられており、「狐火があふれる地」「なぜか全裸で」「楽しい夜店」「生臭いものが好き」「見える人と見えない人」など全17エピソードが収録された。Webマンガサイト・コミックボーダーにて連載されている。


山にまつわる怪異を集めた田中康弘「山怪」を、墨絵師・五十嵐晃がマンガ化

墨絵師・五十嵐晃によるマンガ「山怪」1巻が発売された。

本作は田中康弘の怪異集「山怪 山人が語る不思議な話」をコミカライズしたもの。山にまつわる怪異の数々を、本格的なマンガには本作で初挑戦だという五十嵐が、独自のタッチで描いていく。1巻には「阿仁マタギの山」という副題が付けられており、「狐火があふれる地」「なぜか全裸で」「楽しい夜店」「生臭いものが好き」「見える人と見えない人」など全17エピソードが収録された。Webマンガサイト・コミックボーダーにて連載されている。


弐瓶勉も推薦!色が失われ、人類が異形化した近未来が舞台のガンアクション

KENT「カラーレス」の単行本1巻が発売された。

「カラーレス」は極大太陽フレアの影響で地上から色素が失われ、人類が異形化してしまった500年後の地球が舞台のガンアクション。世の中では色鮮やかな世界の再生を謳うイオドプシー教団が信者を増やし、犯罪まがいの手段で資産を増やしていた。主都・リクドウで“色力学”の研究を進めていたアヴィディアは、もはや神話となってしまった“色”の残滓に、圧倒的なエネルギーが秘められていることを知る。教団が“色力”を使って、世界征服を企んでいると睨んだアヴィ。教団が関わるとされる誘拐事件を追ううちに、彼は智慧という名の少女を匿うことになり……。同作はWebマンガサイト・コミックボーダーで連載中だ。

単行本ではWeb連載時のカラーページを完全再現。帯には「人形の国」「シドニアの騎士」で知られる弐瓶勉が「心配になるぐらい人間が出てきませんが大好きです。」と推薦コメントを寄せた。


弐瓶勉も推薦!色が失われ、人類が異形化した近未来が舞台のガンアクション

KENT「カラーレス」の単行本1巻が発売された。

「カラーレス」は極大太陽フレアの影響で地上から色素が失われ、人類が異形化してしまった500年後の地球が舞台のガンアクション。世の中では色鮮やかな世界の再生を謳うイオドプシー教団が信者を増やし、犯罪まがいの手段で資産を増やしていた。主都・リクドウで“色力学”の研究を進めていたアヴィディアは、もはや神話となってしまった“色”の残滓に、圧倒的なエネルギーが秘められていることを知る。教団が“色力”を使って、世界征服を企んでいると睨んだアヴィ。教団が関わるとされる誘拐事件を追ううちに、彼は智慧という名の少女を匿うことになり……。同作はWebマンガサイト・コミックボーダーで連載中だ。

単行本ではWeb連載時のカラーページを完全再現。帯には「人形の国」「シドニアの騎士」で知られる弐瓶勉が「心配になるぐらい人間が出てきませんが大好きです。」と推薦コメントを寄せた。


次へ>

ページトップに戻る