あにめたす anime+

すべての先行・発売情報を網羅した 日本初のアニメイベント情報ポータルサイト

イベント情報お待ちしてます!

投稿する

チケットを売りたい人はこちら

あにめたすぺしゃる


すぺしゃる記事一覧

「ちおちゃんの通学路」キャストが口を揃えて“ヤバい”とコメント、集合写真も

7月より放送を開始する、川崎直孝原作によるテレビアニメ「ちおちゃんの通学路」。本日5月21日、メインキャストのコメントと集合写真が到着した。

コメントを寄せたのは三谷裳ちお役の大空直美、野々村真奈菜役の小見川千明、細川雪役の本渡楓、久志取まどか役の大地葉の4名。大空は「ちおちゃん達もヤベーのですが、ちおちゃん達が登校中に出会うさまざまなヤベー人たちとの化学反応。視聴者のみなさんに、『ヤベー!』って笑っていただければ嬉しい」と、コメントで“ヤベー”を連発。本渡と大地も「世界も痺れ憧れる激しい、カッコいい、そしてヤバい通学路です」「今言える事は……まどか、本当にヤバイですよ(笑)」と、物語の舞台やキャラクターを“ヤバい”という言葉で表現した。小見川は「大人が全力で真面目にふざけるとこうなるのかぁー。と遠い目になるような作品です!笑」と本作のはじけっぷりを語っている。

「ちおちゃんの通学路」は、ちょっとゲスな性格の女子高生・ちおが通学路で体験する、さまざまなアクシデントを描いた登校コメディ。月刊コミックフラッパー(KADOKAWA)にて連載中で、単行本は8巻まで刊行されている。

大空直美(三谷裳ちお役)コメント

いよいよ、はじまるのだ…!と、ワクワクしています。
わたしも、毎回のアフレコで、全力投球粉骨砕身で登校しています。
通学路一本で、勝負をかけるこの物語が愛おしくてたまりません!
ちおちゃん達もヤベーのですが、ちおちゃん達が登校中に出会うさまざまなヤベー人たちとの化学反応。視聴者のみなさんに、「ヤベー!」って笑っていただければ嬉しいです。

小見川千明(野々村真奈菜役)コメント

ある意味監督さん&スタッフさんVS役者の真剣勝負!な熱いぶつかり合いが楽しめる作品ですし大人が全力で真面目にふざけるとこうなるのかぁー。と遠い目になるような作品です!笑
どこをとってもこだわりが詰まっているので細かい所まで注目して頂けたら幸いです。

本渡楓(細川雪役)コメント

通学路と聞いて全く同じ景色を思い浮かべることって無いと思うのです。この作品の通学路は、世界も痺れ憧れる激しい、カッコいい、そしてヤバい通学路です。そして細川雪は、ナチュラルに凄まじい少女です。自分の子にも、楽しい通学路を送って欲しいと思いました。ご期待ください。

大地葉(久志取まどか役)コメント

TVアニメ「ちおちゃんの通学路」いよいよ放送……もとい、登校開始ですね……息もつかせぬ個性と個性のぶつかり合い!見所を全部上げていたらキリがない!思いっきり、ゲラゲラ笑っていただけること間違いなしです。楽しんでもらえますように!今言える事は……まどか、本当にヤバイですよ(笑)。期待していて下さい。

テレビアニメ「ちおちゃんの通学路」

2018年7月放送

スタッフ

原作:川崎直孝(月刊コミックフラッパー連載/KADOKAWA刊)
監督・シリーズ構成:稲垣隆行
キャラクターデザイン:松本麻友子
アニメーション制作:ディオメディア
製作:ちおちゃんの製作委員会

キャスト

三谷裳ちお:大空直美
野々村真奈菜:小見川千明
細川雪:本渡楓
久志取まどか:大地葉

(c)2018 川崎直孝/KADOKAWA/ちおちゃんの製作委員会


「GODZILLA 決戦機動増殖都市」メカゴジラの大人向けソフビが登場

劇場アニメ「GODZILLA 決戦機動増殖都市」に登場するメカゴジラのソフビが、バンダイの大人向けソフビの新シリーズ「マスターディテール ムービーモンスターシリーズ」の第1弾として発売される。

「マスターディテール ムービーモンスターシリーズ メカゴジラ」は公開中の劇場アニメ「GODZILLA 決戦機動増殖都市」に、ゴジラ・アースと戦う上での切り札として登場するメカゴジラの全身像を初めて立体化したアイテム。今作のメカゴジラの特徴である鋭角な形状が細部までこだわって作られた。今回のソフビの出来についてアニメの監督を務める瀬下寛之は「ソフビの概念を超えるディテール再現度に驚愕!」とコメントし、造形監督の片塰満則は「ソフビに対する認識を大きく改めました」と太鼓判を押した。

価格は4968円。予約は7月23日23時までバンダイ公式ショッピングサイト・プレミアムバンダイなどで受け付けており、商品は11月に発送される予定だ。

監督・瀬下寛之コメント

ソフビの概念を超えるディテール再現度に驚愕!ビルサルドのメカゴジラが手に取れるようになって…ガルグ達も喜びます。

造形監督・片塰満則コメント

「ナノメタルの印象を造形してください!」という無茶なオーダーに見事に応えていただき、ソフビに対する認識を大きく改めました。

TM&(c)TOHO CO., LTD.


「はたらく細胞」不健康な人間の体内が舞台の“大人版”スピンオフがモーニングで

清水茜「はたらく細胞」のスピンオフ「はたらく細胞BLACK」が、6月7日発売のモーニング、Dモーニング27号(講談社)にてスタートする。

「はたらく細胞」は、月刊少年シリウス(講談社)にて連載中の細胞擬人化マンガ。「はたらく細胞BLACK」は、暴飲暴食、飲酒喫煙、運動不足、ストレスなどで酷使された不健康な人間の体内を舞台に、劣悪な環境で働く細胞たちの仕事模様が描かれる。清水監修のもと、原作は原田重光、マンガは初嘉屋一生が担当。なお単行本1巻が7月9日に発売されることも決定している。


「ドラゴンボール」コミコンほか北米7カ所回るイベント、天下一武闘会を再現

鳥山明原作によるアニメ「ドラゴンボール」シリーズの展示・販売イベントが、アメリカ合衆国およびカナダの全7カ所で開催される。

「DRAGON BALL NORTH AMERICA TOUR 2018」と題された本イベントは、現地時間7月19日にアメリカ合衆国・サンディエゴで開催される「COMIC-CON INTERNATIONAL」を皮切りに、ワシントンD.C.での「OTAKON」、カナダ・トロントでの「FAN EXPO CANADA」といった、北米各地のアニメ関連イベント内で展開。天下一武闘会のビジュアルを再現した会場で、作品紹介や関連ゲームの体験コーナー、イベントの開催を記念したフィギュアの展示・販売などが行われるほか、ノベルティとしてバッグやストラップが先着で配布される。

イベントは上記3カ所のほか、アメリカ合衆国・ポートランド、ニューヨーク、ダラスでの開催が決定。残り1カ所は追って告知される予定だ。また「COMIC-CON INTERNATIONAL」会場では、12月に公開予定の映画「ドラゴンボール超」の予告映像が独占公開される。

DRAGON BALL NORTH AMERICA TOUR 2018

開催期間:2018年7月19日~22日
開催会場:アメリカ合衆国・サンディエゴ COMIC-CON INTERNATIONAL内

開催期間:2018年8月10日~12日
開催会場:アメリカ合衆国・ワシントンD.C. OTAKON内

開催期間:2018年8月30日~9月2日
開催会場:カナダ・トロント FAN EXPO CANADA内

開催期間:2018年9月7日~9日
開催会場:アメリカ合衆国・ポートランド ROSE CITY COMIC CON内

開催期間:2018年10月4日~7日
開催会場:アメリカ合衆国・ニューヨーク NEW YORK COMIC CON内

開催期間:2018年10月19日~21日
開催会場:アメリカ合衆国・ダラス Dallas FanDays内

※開催期間はいずれも現地時間。

(c)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション (c)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション


「半分、青い。」鈴愛が描いた劇中マンガの原画公開、作画はなかはら・ももた

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」に登場する劇中マンガ「カセットテープの恋」の原画が、公式サイトにて公開された。原案は北川悦吏子、作画はなかはら・ももたが担当している。

「カセットテープの恋」は永野芽郁演じるヒロイン・楡野鈴愛(にれのすずめ)が、スケッチブックに見よう見まねで描いた初めての作品。毎朝同じ時間、同じバスに乗って学校に向かう少女・スズメに訪れた出会いと、恋の行方を描いている。なおNHKの動画サイト・NHK1.5チャンネルほかでは、同マンガをアニメーションとして楽しめる動画を公開中。本日5月21日には、鈴愛の2作目の読み切りマンガ「神様のメモ」のアニメーション動画も公開された。

NHK総合にて放送中の「半分、青い。」は、ユニークな感性を持つ少女・鈴愛の半生を描く物語。鈴愛は豊川悦司が演じるカリスマ少女マンガ家・秋風羽織の作品と出会い、マンガ家の道を志す。劇中では秋風の執筆作品として、くらもちふさこのマンガが使用されている。


園田健一のオリジナルアニメ、クラウドファンディングで制作目指す

園田健一が総監督を務めるオリジナルアニメ「ビーン・バンディット」を制作するプロジェクトが、クラウドファンディングサイト・Kickstarterでスタートした。

これはアメリカ・シカゴで開催されたアニメのコンベンション「Anime Central」にて、現地時間5月18日に発表されたもの。Kickstarterの本プロジェクトのページでは、アニメに登場予定の3キャラクターのデザインやアニメの映像も公開されている。

「ビーン・バンディット」は、多額の報酬でどんなものでも目的地に届ける運び屋・ビーンバンディットを主人公とする作品。今回のプロジェクトは北米のイベントに参加する中で、園田の作品である「ライディングビーン」「ガンスミスキャッツ」の新作をファンが求めていると感じていた園田が、クラウドファンディングによるアニメ化という企画を受け始動するに至った。目標額を達成すれば「ライディングビーン」「ガンスミスキャッツ」の登場人物であるビーンやラリー・ビンセント、ミニー・メイらが登場する新作アニメの制作が実現する。

調達金額はすでに1000万円を超えており、目標金額の1500万円を達成した際にはアートブックや、描き下ろしのオリジナルカラーコミックが出資者に送られる。アニメは2019年の「Anime Central」での上映を目標としており、さらにBlu-rayディスクとダウンロード用の映像を作成し世界中に配給することも予定された。


アニメと音楽のコラボで魅せる「ルパン三世コンサート」がニコ生で生中継

5月26日に東京キネマ倶楽部にて開催される「ルパン三世コンサート2018~LUPIN! LUPIN!! LUPINISSIMO!!!~」が、ニコニコ生放送で生中継される。

「ルパン三世コンサート2018~LUPIN! LUPIN!! LUPINISSIMO!!!~」は、大野雄二が率いるバンド・Yuji Ohno & Lupintic Sixによる「ルパン三世」関連楽曲の演奏を、スクリーンに流れる新旧シリーズのアニメーション映像と共に楽しめるライブイベント。現在放送中のテレビアニメ「ルパン三世 PART5」のサウンドトラック収録曲も披露される予定だ。

生中継は当日17時30分にスタート。また前日の5月25日20時30分からは、昨年開催された「ルパン三世コンサート~LUPIN! LUPIN!! LUPIN!!! 2017~」の模様がアンコール放送される。

「ルパン三世コンサート2018~LUPIN! LUPIN!! LUPINISSIMO!!!~」上映会

放送日時:2018年5月26日(土)17:30~

「ルパン三世コンサート~LUPIN! LUPIN!! LUPIN!!! 2017~」アンコール上映会

放送日時:2018年5月25日(金)20:30~

(c)モンキー・パンチ/TMS・NTV


人間の女子高生と幼なじみの獣人男子、異種族同居ラブコメ「ポチとヒナ」開始

たぶんの新連載「ポチとヒナ」が、月刊コミックゼノン(徳間書店)のWebマンガサイト・WEBコミックぜにょんでスタートした。

「ポチとヒナ」は、獣人の男子ポチと人間の女子高生ヒナが同居生活をする異種族ラブコメディ。作中の世界では獣人は珍しい存在ではなく、10人に1人は獣人という割合になっている。第1話では幼なじみの2人が一緒に住むようになった経緯や、学校では恐れられているポチと普通に会話するヒナの関係をクラスメイトが噂する様子を描く。

(c)たぶん/NSP 2018


「Re:ゼロ」レムが雅な白無垢姿になったフィギュア、完全受注生産

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」のフィギュア「Re:ゼロから始める異世界生活 レム-白無垢- 1/7スケールフィギュア」が発売される。

本商品は、和傘を手に白無垢をなびかせるレムをオリジナルデザインでフィギュア化。白無垢は生地の模様が立体的に造形されており、淡いパール塗装とグラデーションが施されている。前髪はクリアパーツで表現され、ほほ笑むレムの表情が透けて見える仕上がり。着脱可能な綿帽子も付属しており、2通りのスタイルを楽しむことができる。

価格は1万7064円。完全受注生産となり、8月8日までフリューが運営する通販サイト・F:NEXにて予約を受け付けている。購入者には2019年1月下旬に届けられる予定だ。

(c)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会


「恋雨」小松菜奈グラビア&眉月じゅん撮影レポがスピに、将棋題材の新連載も

本日5月21日発売の週刊ビッグコミックスピリッツ25号(小学館)には、眉月じゅん原作の実写映画「恋は雨上がりのように」より、橘あきら役の小松菜奈が登場している。

巻頭では5月25日より公開される映画「恋雨」の特集を展開。作品の世界観を活かした小松のグラビアが掲載されており、原作を読んだ印象、あきらを演じての感想なども語られている。また眉月による撮影現場見学レポートマンガも収録。さらに「恋雨」が第63回小学館漫画賞にて一般向け部門を受賞したことを記念し、非売品の「恋雨傘」が3名にプレゼントされる企画も実施されている。

加えて今号では鍋倉夫による、将棋を題材とした新連載「リボーンの棋士」が開幕。プロ棋士になる夢を絶たれた元奨励会員・安住を主人公に、人生のリスタートを切る物語が描かれる。また加納梨衣「スローモーションをもう一度」は今号にて完結。最終7巻は5月30日に発売される。なお次号では山本英夫「HIKARI-MAN」の連載が再開する。


次へ>

ページトップに戻る